風水を学びたい人へ!最適な勉強方法をレクチャー

風水を学びたい人へ!最適な勉強方法をレクチャー

実は、風水は古代中国で発祥してアジア各地に伝わった、れっきとした環境学という学問なのです。推古天皇の時代に日本に伝わり、江戸時代、徳川家康が天下をおさめるために封印するまで、風水は平安京などの都づくりや戦争時の要塞づくりなどに活用されてきました。

2000年近くになってから、また、復活してきて、いまでは風水は有名ですね。とはいっても、風水の考え方や法則、活用の仕方などをくわしく知っている人は、まだまだ少ないです。

風水を学ぶことは環境学を学ぶことです。ここでは、風水の勉強方法や風水を学ぶメリットをレクチャーします。

風水を勉強するには?

風水は自分の周りの環境を変えることで「気」の流れを変えて、悪い気は抑え、良い気は高めてバランスをとることで開運に役立てるものです。古代中国が発祥なので、風水を勉強するには陰陽五行説や方角などの勉強は絶対、必要です。

難しいと思ってしまいますが、建築やインテリアの勉強にもなって現実の生活に生かせるので、未来を占う占術とは一線を画しています。こんな風水の勉強方法は、本人の心構えや目指す方向性によって違ってきます。

自分に合った最適な勉強方法を見つけてください。

資格をとる、きちんと学びたい場合

風水をきちんと勉強して、いずれは職業としても生かしたい、と思っているなら、通信講座や通学講座に通うことが最適です。

独学でも書籍やネットを活用して勉強して資格試験に合格することもできますが、なかなか系統だった勉強ができにくいですし、ネットの場合サイトの管理人の趣向が入ってくるので偏った勉強になる可能性もあります。

その点、通信講座や通学講座は体系的に作られたテキストに沿って勉強していけて、風水の知識を確実にモノにできます。

通信講座、通学講座、それぞれの場合をみていきましょう。

・通信講座の場合

通う時間のない人や近くに風水の学校がない人には向いています。時間がある時に自宅で勉強でき、好きなだけ勉強できる良さがあります。

ただ、デメリットとしてはモチベーションを維持しにくいところ。風水の講座を聴きに行くとか、短期のセミナーに参加するなど刺激を受けることも大切です。

・通学講座の場合

通学となると、時間的に制約を受けますし、費用面でもまとまった金額が必要になるので、誰でも気軽にできるというわけにはいきません。

ですが、一番、実力がつきやすく、仲間もいるので刺激もあって、職業として風水師をめざすなら通学講座がベストでしょう。

趣味にしたい、手軽に始めたい場合

趣味なら書籍を読んだり、ネットで調べたりして独学でも十分、風水についての知識が得られます。

現在の風水には占いの部分もあるので「東に青いものを置くと仕事運アップ」や「玄関に鏡を置くと運気アップ」など開運に興味があれば、そういう面を中心に勉強して、まわりの人に教えてあげることもできます。

環境は、インテリアや建築にも関わってくるので、風水を勉強することでそういう方面の勉強もできます。そして、風水で得た知識を自分の生活に取り入れて、住みやすい環境づくりに役立てるのもいいですね。

他の勉強方法

他にもこんな勉強方法があります。

・時間と余裕があれば、本場の中国の専門学校に行く

・自分がなりたい風水師のところへ弟子入りする

ちょっと突飛にも思えますが、こんなやり方もあります。

学ぶ内容

いよいよ学ぶ内容に移ります。風水は中国発祥ということで、陰陽五行説や方角というような理解が難しい内容もあります。

また、「気の巡り」というスピリチュアルな内容もあります。

風水の基礎知識

風水の基本は、陰陽説と五行説が合わさった「陰陽五行説」で、その思想をベースに悪い運気を抑え良い運気を高めていくことで、気の巡りを良くして運気を高めていく方法のことをいいます。

中国の歴史も背景に学ぶことは多いですが、体系的に勉強していくことで少しずつ理解していけます。

風水の実践方法

風水は、自分のまわりにある環境すべてを使って運気を向上させるという目的をもっています。風水を学ぶことで現実の生活に生かすことができます。

実践方法としては、次のような考え方があります。

・方角や間取り

居間は日当たり優先で東南や南、東の方向が良い。

台所は風通しの良さが優先で東、東南、西北の方向が良い。

・気の巡り

気の入り口は玄関なので、明るくいい香りで清潔であるようにする。

風水を学ぶことでこういう知識が体系的に理解できるようになるので、自分だけではなくまわりの人にもアドバイスできるようになります。

風水を学ぶメリット

風水では、生活空間が大切です。生活空間、つまり自分のまわりの環境ということで、生活空間を整えることが運気の向上につながるという考えです。生活空間は衣食住すべてにわたるので、風水を学ぶことで多方面にメリットが生まれてきます。

生活環境の向上につながる

風水では、まず生活空間を整えることが大切です。ゴミをためたままにしておくと気分が悪くなったり、トイレのフタを開けたままにしておくと、何となくイヤな気分になったりしますよね。

風水を学ぶことで、こういうことを気にかけることが増えていくので、生活環境はどんどん向上していきます。

・インテリアコーディネート的な要素も含む

生活空間のなかでインテリアはとても大切なものです。置き場所や色彩などによって部屋が変わってきます。自分の持っている気とチグハグなインテリアだと、気分が悪くなって運気が下がります。

・掃除や整理整頓

生活空間を整える、ということは、ゴミを捨て汚れを掃除する、整理整頓をして風通しを良くするということです。風水では整理・整頓・掃除が基本です。

・快適な住環境作り

風水の法則を勉強して生活空間を整えていくと、自然に自分にとって快適な住環境が実現していきます。セルフイメージを大切に生活空間を自分好みの開運空間を作ることができます。

家族にも良い影響を与える

風水の基本は、整理・整頓・掃除で、整理・整頓・掃除をすることで、家の中の気の巡りを良くすることができます。

居間はスッキリと片づいていて日当たりがよく、台所はゴミや汚れが溜まっていないで風通しがよく、玄関は明るく良い香りがして靴が散らかっていないで清潔であれば、家族は良い影響を受けるのはわかりますよね。

趣味にも仕事にもできる

風水を学ぶことで自分の生活空間を整えていくメリットを実感すると、まわりの人にも教えたくなってきます。さらに、もっと多くの人に伝えたくなったら資格をとって仕事として生かすこともできます。

風水は、自分の趣味にも仕事としても役立たせることができます。

風水仲間ができる

同じ風水を学ぶ風水仲間ができるのも、風水を勉強するメリットです。仲間ができればお互いの知識を交換しあったり、刺激を受けて知識を高めることができます。

自分を取り巻く環境を客観的にみられるようになる

風水、つまりは環境学を勉強することなので、自分を取り巻く環境を客観的にみられるようになれます。自分のまわりの環境に馴染んでいればいるほど、客観的にみることは難しいですよね。

客観的にみることができるようになると、どういうふうに環境を変えていけばいいかもわかるようになってきます。

風水に関わる資格

風水に関係する資格となると知らない人も多いですね。次のような資格をとっておくと、仕事に結びつきやすいです。

風水セラピスト

陰陽五行説など風水の基礎的な知識を習得できて、生活空間の気の巡りを良くしたりバランスを整えるなど空間のアドバイスができます。

風水鑑定士

以前は、「住宅鑑定風水インストラクター」という名称でしたが「風水鑑定士」に名称が変わりました。風水の知識だけではなく風水の視点から住宅を鑑定することができる資格です。

仕事に直結できる可能性が高い資格といえます。

風水を学びたい人へ!最適な勉強方法をレクチャーのまとめ

風水を学ぶことは自分のまわりの環境を学ぶことで、インテリアや建築の知識も学べて、ひいては自分の持つ「気」や「気の巡り」までわかるようになる、幅の広い学問です。

趣味にしても仕事にしても、自分や自分のまわり、そしてより多くの人に風水を伝えることで、たくさんの人を幸せにできる可能性もあります。風水を学ぶ意義は大きいです。勉強しがいもあります。風水を勉強したい、学びたい人は資格をとること考えてみてはいかがでしょうか。