あなたに合った効果的なパワーストーンの身につけ方とは?

あなたに合った効果的なパワーストーンの身につけ方とは?

パワーストーンを身につける時は、ファッションとして気に入ったからという場合と、叶えたい願いなどがあって開運効果を期待して身につけるというがあります。

パワーストーンを身につける方法は、ブレスレット、ネックレス、リングなどさまざまですが、身につける部位によって意味が違います。パワーストーンは、私たちにエネルギーを与えてくれる石なので、せっかく身につけるのなら、一番自分に合った効果的な方法で身につけたいですよね。

ここでは、そんなパワーストーンの身につけ方について詳しくご紹介しましょう。

パワーストーンの身につけ方

まずは、パワーストーンを身につける意味を知ることが大切です。

体にはエネルギーの経路がある

私たちの体の各部位には、エネルギーの経路というものがあります。それらは、エネルギーの入り口であり、またエネルギーをつかさどるチャクラと深いかかわりがあるのです。

身につけ方、位置によって効果に差が生まれる

エネルギーをつかさどるチャクラは、私たちの身体の部位と深い関係にあります。そのため、パワーストーンを身につけた位置によって効果に差が生まれるのは、当然のことと言えるでしょう。

パワーストーンを身につける部位と効果

実際に身につけたいパワーストーンの位置を効果と合わせてご紹介していきます。

ブレスレット

パワーストーンを身につける場所として最も人気なのが、ブレスレットで手首につける場合でしょう。昔から、中国医学では、人の手首の脈を診て、身体の健康状態を判断していました。

手首にパワーストーンを身につけることによって、石のエネルギーを全てのチャクラに流すことができます。どの位置にパワーストーンを付けたらいいのか迷ったなら、手首にブレスレットをつけることをおすすめします。

・右手

パワーストーンを右手の手首につけると、石のエネルギーは身体の外に放出しようとします。これをアウトプットと言います。

左脳は、論理的に考えることで判断力が高まります。右手につけることで、告白したい、成功したい、勝利を勝ち取りたいなど、いざという大切なときに後押しをしてくれるでしょう。

・左手

パワーストーンを左手の手首につけると、石のエネルギーは身体の内に吸収しようとします。これをインプットと言います。パワーストーンから受け取るエネルギーは、直感やインスピレーションなどの要素が強いために、右脳とつながっている左手につけるのがいいとされています。

リング

リングというのは、とても大切な意味があり、結婚、契約、誓い、絆などを示しています。パワーストーンを指にはめる時は、できればその指の意味を知っている方がいいでしょう。

・親指

権力と大きな関係があり、男性なら精力、女性なら多産を意味しています。古代ローマ時代では、人は力を失うことを恐れて、結婚指輪以外は全て親指にしていたと言われています。

<右手>

リーダーシップをとりたい、困難に打ち勝ちたいなどの時。

<左手>

目標を達成したい、信念を貫きたいなどの時。

・人指し指

幸運への行き先を示し導いてくれます。組織や家庭を平和に統治する力を高めるとされています。

<右手>

行動的でいたい、人を導きたいなどの時。

<左手>

自分の願いを叶えたい、方向性を明らかにしたいなどの時。

・中指

復活への希望や救済を意味し、直観力やインスピレーションを高め、失恋や失敗などを吹っ切るパワーを与えてくれます。

<右手>

仕事に集中したい、自立をしたいなどの時。

<左手>

直感やインスピレーションを高めたい時。

・薬指

人の心臓と一番関係が深いとされ、古代から薬指には心臓と直につながっている血管があるとされていました。そのため、薬指にリングをはめることで、愛の証である心臓を支配できると信じていたのでしょう。

<右手>

リラックスしたい、自分を愛せるようになりたいなどの時

<左手>

幸せが欲しい、愛の絆を深めたいなどの時。

・小指

霊感や予知能力を高めるのが小指とされ、この指にパワーストーンをはめて耳をふさぐと、内なる声が聞こえてくるといういわれがあります。周りに惑わされずに、自分が本当に望むことを感じ取ることができるのです。

<右手>

自己アピールをしたい、活発に行動したいなどの時。

<左手>

チャンスを呼び込みたい、自分の魅力を高めたいなどの時。

ネックレス

パワーストーンをネックレスとして身につける場合は、パワーストーンがのどの位置に当たることになります。のどのある場所は、自己表現や人間関係のコミュニケーション能力を高めてくれるところです。

ペンダント・ブローチ

パワーストーンで少し大きなものを身につけたいと思ったら、ペンダントやブローチがいいでしょう。これらを身につけるとパワーストーンが心臓の位置に近くなります。心臓は、第4チャクラの位置で、美や愛、慈悲の心を育てるために、パワーストーンのエネルギーが注がれます。

ハートである胸元付近なので、豊かな愛情と幸福感や自分らしさを引き出してくれるとされています。心臓は、人の身体の全てを動かし、心身の健康を保つために欠かせない大切な場所になります。

また、みぞおち付近にパワーストーンがある場合、第3チャクラが影響することでエネルギーの活性化が増していき、さらにポジィティブな波動へと導いてくれるでしょう。

ピアス・イヤリング

パワーストーンを、ピアスやイヤリングとして身につける場合は耳になります。耳は、知恵や予知能力を高める場所と言われています。

また、耳の近くにある、第6チャクラ(額)や第7チャクラ(頭頂)にエネルギーを重点的に送り込むのに適しています。

その他の位置

身体に身つける以外にもパワーストーンの有効な位置はあります。

チャームやストラップなどの小物

会社や学校の規則で、人目に付くアクセサリーはあまりつけられないという人には、チャームやストラップなどの小物がおすすめです。手持ちの小物やバッグなどにもつけやすく、あなたの視界に入りやすく効果的です。

また、こういった小物の場合はどこにでもつけやすく、サイズ不要で運気アップができるなどのいいこと尽くしでプレゼントに選んでも喜ばれるでしょう。

チャームやストラップなどとしてパワーストーンを身につけた場合、第3の目である額のチャクラから最もエネルギーを取り込むことができます。

お守りとして持ち歩く

パワーストーンは、ショップなどで一緒に販売されている、ミニサイズの袋に入れて持ち運ぶこともできます。普段からアクセサリーとして身につけることができない方にはおすすめです。

パワーストーンは、石を見ることでエネルギーをもらったり、癒されたりしますが、石を近くに持っているだけでも波動により効果を発揮してくれます。パワーストーンを大切なお守りとしてポケットや鞄に忍ばせていてもいいのです。

部屋に置いておく

パワーストーンのエネルギーは、人の心や身体だけではなく、そこにあるだけで空間や場所を浄化してくれる作用があります。石がマイナスエネルギーを吸収し、いいエネルギーの空間を作り出してくれるのです。

例えば、家の玄関は、気の通り道なので、いい運気と一緒に邪気も入ってこようとします。そういう時に玄関にパワーストーンや盛り塩を置くことで、邪気が入らずいい気だけを家の中に取り込むことができるのです。

また、玄関だけでなく、リビング、寝室、トイレなどにもパワーストーンを置くことでネガティブなものを払いのけ、いい運気だけのクリーンな状態を保つことができるのです。

パワーストーンの身につけ方の基本

パワーストーンのパワーを有効に保つために、おすすめの身につけ方があります。

手に入れた後の最初の1週間は長く身につける

パワーストーンを手に入れた後は、できるだけ石を長く身につける方がいいとされています。それは、パワーストーンと持ち主であるあなたとのきずなを深めるためなのです。

・一緒に寝る

最初の一週間くらいは、パワーストーンとできるだけ一緒に過ごしましょう。寝る時も枕元かサイドテーブルなどに置き石との絆を深めましょう。

・常に身につける など

出かける時はもちろんですが、自宅にいる時でも常に身につける方がいいでしょう。しかし、水を扱う時は一時的に外し、それ以外の時にパワーストーンを身につけましょう。

その日のインスピレーションで身につける

幾つかのパワーストーンを持っている場合は、その日のインスピレーションで身につけるのがいいでしょう。

・アクセサリー選びに悩む場合

パワーストーンをたくさん持っている場合は、アクセサリー選びに悩むこともあるかもしれません。そういう時は、直感を大切にして最初に気になったパワーストーンを選んであげましょう。

肌に近いとより効果的

パワーストーンは、肌に触れるほど効果的なエネルギーをもらうことができます。

しかしその反面、汗や汚れなどがついてしまうことがあります。帰宅後の早めのお手入れが長持ちに繋がりパワーストーンの力を最大限に引き出すのにいいでしょう。

あなたに合った効果的なパワーストーンの身につけ方とは?まとめ

パワーストーンは、アクセサリーや開運のためなどの理由で身につけますが、せっかくなら石のパワーを最大限に活用して、幸せになりたいと思いませんか?

そのためには、身体のどの部位につけると一番効果的なのかを知っておいた方がいいでしょう。

また、パワーストーンの使い始めは、石との絆を深めるために常に身につけるようにしておきましょう。また、願いをしっかり叶えてもらえるように、お手入れなども忘れないことが大切です。