これがないと開運しない?!パワーストーンの好転反応について

これがないと開運しない?!パワーストーンの好転反応について

運気が上がると聞いたから、パワーストーンを身につけているけれど、全然いいことが起こらない!むしろ悪いことが続いて起きている、なんていう人はいませんか。それはもしかしたら、パワーストーンの好転反応なのかもしれません。

パワーストーンの好転反応についてご存知でしょうか。好転反応とは、いったいどういうものなのでしょうか。それは人によって表れ方も違えば感じ方も違うようです。

パワーストーンのエネルギーとどういう関係になっているのか、ここで詳しくご紹介しましょう。

好転反応とは?

好転反応とは、パワーストーンを持つ前より状況が悪くなったり、悪いことが立て続けに起こったりという場合です。

変化によっておこる反応

また、好転反応とは、潜在意識を新しいものに変えていく時に、精神的、身体的な不具合が起こることを言います。これらは、運気や開運を上げるために必要なことを引き付けてくれるから起こるのです。

一時的におこる

パワーストーンを持つことによって起こる好転反応は、いいことが起こる前触れみたいなものです。この好転反応は、長期的ではなく一時的に起こるとされていますが、人により表れ方や感じ方、どのくらいの期間なのかもそれぞれですが次第に治まっていきます。

マイナスに感じる場合が多い

例えば、熱が出る、頭痛がするなどが典型的なものでしょう。これは、運が開けるための必要なステップのようなものなのです。この時期が、マイナスだと感じる人が多いのも事実です。

パワーストーンの好転反応

では、実際の好転反応についてご紹介します。

心→体の順に起こる場合が多い

パワーストーンの好転反応は、精神的、身体的なものに表れます。必ずしもどちらからとは言えませんが、一般的には心の好転反応が起こってから、次に体という順で起こる場合が多いと言えるでしょう。

まず、働きかけようとするのは、普段意識していない奥深い所です。自分が、一番触れられたくない、できれば鍵をかけてでも締まっておきたいと考えている奥深い意識なのです。この奥深い意識とパワーストーンによる変化との葛藤が、好転反応として表面化してくるのです。

乗り越えられる準備ができてからおこる

パワーストーンの好転反応は、無理な状態では起きません。持ち主が、乗り越えられる準備ができてから起こるので、心配する必要はないでしょう。

これは、持ち主であるあなたが今までしてきた、努力や我慢などのあらゆる感情が浄化され始めたということなのです。

好転反応の期間には個人差がある

パワーストーの好転反応の期間には個人差があります。持ち主の感じ方や捉え方に違いがあるので、どのくらいの期間好転反応があるとは決まっていないのが現状です。

自分自身の変化をどれくらい上手く受け取れるかによって変わってきます。

心身の変化とともに何回でも起こり得る

こうした好転反応は、心身の変化とともに1日で終わる人もいれば、1ヶ月も繰り返される可能性があります。

例え、同じパワーストーンを身につけていたとしても、変化し、成長し続けようとする人はさらに変化していくので止まることはないでしょう。

パワーストーンの精神的な好転反応例

パワーストーンの好転反応は気持ちの面でも現れることがあります。

感情面に浄化が起こるとある反応

パワーストーンを持っていると、感情面に浄化が起き始めるとある反応があります。それは、私たちの「顕在意識」と「潜在意識」に大きくかかわってきます。

顕在意識は、私たちが認識できている意識のことで、潜在意識は、私たちが認識できていない、言い換えれば普段眠っていて隠れている意識のことです。

これらの意識の割合は、全体を100%とすると潜在意識が99%なのに対して、顕在意識は1%しかないのです。つまり、私たちは無意識の内にあらゆることを判断してしまっているのかもしれない、ということが見えてくるかと思います。

気持ちがしずむ

私たちは、何もないのにあるいは過去の出来事を思い出して、気持ちがしずむことがあります。

私たちの心は、気付かないうちに日々たくさんのストレスを受けています。それは、パワーストーンの精神的な好転反応の場合があります。

涙もろくなり怒りっぽくなる

パワーストーンの好転反応が大きく影響する時には、涙もろくなり怒りっぽくなることもよくあります。感情の起伏が激しくなり、時には憂鬱な状態に陥り、頭痛などを引き起こし身体にまで影響を及ぼすこともあります。

自己否定感が強くなる

自分の今やっていることや起こした行動が間違っているのではないかとか、自分の存在すら必要なのかと問いただしたりするほど、自己否定感が強くなることがあります。

そして、気付かないうちに、自分自身をさらに追い込んでしまうこともあります。そういったネガティブな波動や思考に苛まれることが好転反応と言えるのでしょう。

パワーストーンの身体的な好転反応例

次に、身体的に現れる好転反応をご紹介します。

身体に浄化が起こるとある反応

パワーストーンを持っていると、身体に浄化が起き始めるとある反応があります。それは、私たちの「顕在意識」と「潜在意識」に影響してきます。潜在意識は、変わりたくない、今のままでいたいと思っているので、変化しない日常が一番いいと認識しています。

それは、変化を嫌うということになります。

しかし、私たちは、今よりも幸せになりたいと強くパワーストーンに願いを込めています。これが、パワーストーンの身体的な好転反応が起きる要因なのです。

体に痛みを感じる

身体的な好転反応には、体に痛みを感じるということがあります。

例えば、運動することで筋肉痛が起こります。これは、私たちの身体が、運動によって刺激された筋肉繊維を回復させようとして起こるものです。

発熱

発熱とは、病気や疾患に伴う症状のひとつで、少し熱があるとされる微熱から命にかかわるものまでさまざまです。

しかし、一般的に熱が出た時は、身体が熱を放出したがっている状態なので、無理に下げる必要はありません。もちろん、高熱になるなどの場合は除きます。

私たちの身体は、自然治癒力というものが備わっているので、どこか具合が悪くなっても、また元の正常な状態へと戻ろうとします。

また、この自然治癒力があるからこそ、私たちの身体の好転反応が起こるとされています。

咳などの風邪に似た症状

咳などの風邪に似た症状も好転反応の表れだと言えるでしょう。私たちの身体は、不調をきたした場合、自然治癒力が働くので肉体的な好転反応を起こします。

好転反応後の変化

パワーストーンの好転反応が現れた後は、どんなことが起こるのでしょうか。

パワーストーンの効果を最大限に引き出せる

パワーストーンの好転反応は、運気を上げるために必要なエネルギーを引き寄せている状態です。自分にとって必要な物なのでと前向きにとらえることでいい方向に向かいます。パワーストーンの効果を最大限に引き出すための大切なステップだと考えましょう。

好転反応前より良い結果がおとずれる

パワーストーンを持つことで起こった好転反応の後は、必ず自然と運気が上がります。パワーストーンを身につけたことで、今までよりいい心を持つことができれば、現実に好転反応が現れやすくなります。

いいことが続いて起こると実感できたとき、本来のパワーストーンの効果が表れた証拠といえます。

これがないと開運しない?!パワーストーンの好転反応についてまとめ

パワーストーンを身に付けることで運気が上がるとされていますが、好転反応の時期は良くないことが立て続けに起こります。

しかし、これは運気を上げるために必要なステップだと考えましょう。良くないことが起こったから効果がないと思わないで、パワーストーンを大切に身につけていてください。

好転反応の時期が終われば、次にやって来るのは待ちに待った幸運です!好転反応により心と身体の変化が起こり、新しい現実が再構成されるのです。感謝の気持ちとポジィティブな行動力があなたを幸せへと導いてくれます。