なぜ割れる?パワーストーンが割れる意味について解説!

なぜ割れる?パワーストーンが割れる意味について解説!

最近、パワーストーンブレスレットを身につけている人をよく見かけます。私の身近でも何人かブレスレットをしていますし、私自身パワーストーンブレスレットを頼まれて作ることがあります。見た目がきれいなので、アクセサリーとして身につけたいという人や運気を上げたいのでという人などさまざまです。

パワーストーンは、形あるものなので当然何かに当たって割れてしまうということもあるでしょう。

しかし、パワーのある石だから、何か悪いことが起こるのではないかと心配になる人もいるでしょう。パワーストーンが割れた時は、何かの前触れなのかただ壊れただけなのか?!パワーストーンが割れる意味についてご紹介しましょう。

パワーストーンの破損とは?

欠ける

パワーストーンは、使っているうちに一部が欠けてしまうということがあります。パッと見たら形は変わってないけど、よく見てみると少し凹んだ箇所があり、欠けてしまったのだと気付くことも珍しいことではありません。

真っ二つに割れる

パワーストーンの割れ方もさまざまですが、真っ二つに割れてしまうことがあります。どこかにぶつけたというのなら破損ということですが、稀に手に持っただけで突然割れる、身につけようとした瞬間に割れてしまうということもあります。

ひびや線が入る

今までは何ともなかったのに、パワーストーンにひびや黒い線などが入るときがあります。長年愛用していると、パワーストーンの輝きが失われたり、少しくすんできたりということがあります。しかし、すぐにわかるような線がはいったときは、ひびによる破損だと考えていいでしょう。

パワーストーンが割れる原因

物理的要因がほとんど

パワーストーンが、割れてしまう原因は物理的要因がほとんどだと考えていいでしょう。よく起こりがちなのが、石を繋げているゴムなどの劣化です。パワーストーンブレスレットとして身につけていて、ゴムが切れてしまい落して割れてしまうなどです。

ぶつけた、劣化

その次に考えられるのは、パワーストーンを何か固いものにぶつけてしまったという場合です。パワーストーンブレスレットとして手首に身につけていると、さまざまなものに接触します。勢いよくあるいは何度も硬いものに接触したら、いくら鉱物と言っても破損してしまいます。

また、パワーストーンの種類によっては、日々の紫外線や水、汗に弱いものもあります。毎日つけることで、石の劣化も高まると考えられます。そのため、少しの衝撃で割れてしまうということが起こらないとも言えません。

お手入れ方法が悪かった など

パワーストーンブレスレットなどの場合、意外とつけっぱなしにしている人もいるのではないでしょうか?パワーストーンは、使いはじめだけでなく定期的な浄化やお手入れが必要な物です。一日中つけるのではなく、寝る前には外して石を休ませてあげましょう。

また、浄化やお手入れをきちんとしないと、石のパワーが落ちてしまい、ひびや割れなどの原因に繋がりやすいです。汗や水が付いた時はふき取るなど、いつも大切に扱うのがいいでしょう。

パワーストーンが割れる意味

役目をおえた、守ってくれた

パワーストーンが割れる意味のひとつに、石の役目をおえてしまったという場合があります。あなたの願いが叶ったので、もうその石の必要性がなくなり割れてしまったということです。また、厄などからあなたを守ったことで、パワーストーンが割れてしまう場合もあります。

災難の身代わり

パワーストーンが割れてしまう理由に、持ち主に降りかかる災いから守ってくれたということがあります。特に、パワーストーンに黒い線が入ってくることがあります。この場合は、厄から持ち主を守ってくれた可能性が高いです。

そういう時は、パワーストーンに感謝すると共に、それがどんな厄だったのかを考え、再び起こらないように気を付けるようにしなければいけません。何か悪いことが起こるのではと心配するのではなく、石が代わりに防いでくれたと考えましょう。

変化のサイン

パワーストーンは、開運するから身につけているという人も多いでしょう。パワーストーンが割れるというのは、あなたの願いが叶ったという場合にも起こります。これは、あなたが変化しましたという石からのメッセージです。

パワーストーンが割れる時は、あなたのパワーが石より強くなったときです。あなたの潜在能力が開花し、次のステージへと行動を起こすときなのです。自らの力で進んでいくための石からのメッセージです。そんな時は、自分に自信を持って前向きに行動していきましょう。

石の力を上回った

パワーストーンが、黒い線もなくきれいに割れた場合は、持ち主のエネルギーが石よりも上回ったと考えられます。パワーストーンが割れた時点で、石の力を借りなくてもいい力が自分にそなわったと考えられます。

あなたが成長したことで、石の力が必要なくなったと考えられます。もし石がきれいに割れてしまったのなら、石の力を上回ったということなので自分に自信を持ちましょう。

パワーストーンの寿命

持ち主の使用頻度や扱い方によりますが、パワーストーンにも寿命があるので、長く使っていたのなら寿命ということも考えられます。そういう時は、しっかりと浄化をしてから、感謝の気持ちを込めてお別れしましょう。

割れたときの心得

割れた場合は「凶」でなく「吉」と捉える

パワーストーンが割れてしまった場合は、「凶」でなく「吉」と捉えるようにしましょう。割れたことで、何か良くないことが起こるのではと心配するのではなく、自分の身代わりに石が割れてくれた役目を終えたから割れたのだと解釈しましょう。

感謝することが大切

パワーストーンが割れたことで、今までの自分を守ってくれたのだと感謝しましょう。今まで守ってくれたのですから、粗末には扱わないでくださいね。そして、割れてしまっても浄化をして大切に扱い気持ちを込めてお別れをしましょう。

割れたときの対処法

土に埋める

パワーストーンが割れた時は、一番いいのが自然の土に還してあげることです。土に埋めるといっても、近くにある公園や山などに埋めてはいけません。できることなら、自宅の庭や所有地がいいでしょう。マンションなので埋める場所がないという人は、プランターなどの土で大丈夫です。

海や川に流す

その他には、海や川に流すという方法があります。しかし、環境問題からあまりおすすめできません。パワーストーンの大きさによっては、水中の生き物が誤って飲み込んでしまう可能性があるのでおすすめできません。

塩で清めてゴミに出す

パワーストーンが割れたときの対処法のひとつに、塩で清めてゴミに出すという方法があります。このとき気を付けたいのが、地域によってゴミの分別などが違うという点です。ブレスレットなどの場合は、付属のゴムや金属がありますので分別した方がいいでしょう。

また、今まで大切に自分を守ってくれたパワーストーンなので、浄化後はきれいな紙に包んで感謝の気持ちを持ってお別れをしましょう。

神社で供養する

大切にしていたパワーストーンを、ゴミとして処分するのは抵抗があるという人も多いはずです。そういう時には、神社での供養をおすすめします。どこの神社でもやっているという訳ではありませんが、安心して石の供養ができるのでおすすめです。

なぜ割れる?パワーストーンが割れる意味について解説!のまとめ

パワーストーンが急に割れてしまった時は、何か悪いことが起こるのではと不安に思うかもしれません。しかし、それは、単なる物理的要因の場合がほとんどです。稀に石が割れたことが、持ち主へのメッセージであることがあります。

また、パワーストーンが割れたときの対処法にはいくつかあり、どの方法を選ぶかはあなたの選択です。パワーストーンへの感謝の気持ちを忘れなければ、きっとこれからもあなたを守ってくれるでしょう。