パワーストーンの知識を深めよう!パワーストーンセラピストの資格が役に立つ!

パワーストーンの知識を深めよう!パワーストーンセラピストの資格が役に立つ!
最近人気を集めているパワーストーンです。男女問わず、よくパワーストーン・ブレスレットなどを付けている人を見かけます。
昔から、パワーストーンは、願いが叶ったり魔除けにしたりする天然石として大切にされてきました。今も変わらず、開運グッズとしてアクセサリーなどで人気が高く目をひきます。
そんな中、パワーストーンセラピストというものも注目を集めています。パワーストーンについて知識を深めることができ、取得することで小物づくりや仕事としてもプラスになります。ここでは、パワーストーンセラピストになるには何から始めたらよいのか、詳しくご紹介していきます。

目次

パワーストーンセラピストとは?

まずは、パワーストーンセラピストについて知ることから始めましょう。

1-1パワーストーンの種類や効能に精通

パワーストーンセラピストは、パワーストーンの種類や効能に精通していなければいけないでしょう。パワーストーンは種類が豊富で、名称、カラー、原産地、効能、硬度などに違いがあります。
また、パワーストーン同士の相性などもありますので、プレスレットなどのように幾つかのパワーストーンを使う場合は相性も合わせて見た方がいいでしょう。

1-2カウンセリングに用いる

パワーストーンセラピストは、パワーストーンを持ちたいという人(相談者)にどういうパワーストーンがいいのかを選択してあげる立場にあります。
相談者の開運したい内容などを詳しく聞くことによって、たくさんのパワーストーンの中でどれが一番いいのかをカウンセリングしながら決めていきます。

1-3民間の資格

パワーストーンセラピストは、一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)が認定する資格です。パワーストーンに関する知識などを幅広く持ち合わせている人に与えられる資格です。
その他のパワーストーンに関する資格は、
・パワーストーンスペシャリスト
・天然石セラピスト
・ストーンコンダクター
・天然石検定
など、があります。

1-4必須ではないが信頼度が上がる

パワーストーンセラピストの資格は、パワーストーンを扱う仕事をする場合必須ではありません。
しかし、パワーストーンセラピストの資格を持つことで、パワーストーンの知識を深め理解することができます。仕事においては相談者からの信頼度が上がり、自分の自信にもつながります。

パワーストーンセラピストになるには?

パワーストーンセラピストの資格の取り方について、詳しくみていきましょう。

2-1資格の取り方

パワーストーンセラピストの資格は、パワーストーンを取り扱う仕事のスペシャリストとして認定される資格です。パワーストーンの知識だけでなくカウンセリングなども含めた内容ですので、通信講座などでしっかり勉強しましょう。

2-2取得までのおおよその費用

費用については、講座なのか独学なのか、勉強の仕方でももちろん変わってきます。パワーストーンセラピストになるための講座を受ける場合の費用についてご紹介しましょう。

受講料、教材

パワーストーンセラピストになるための通学講座の受講料は、おおよそ6万~20万円です。
通信講座の場合は、おおよそ4万~6万円です。
教材費は、受講料に含まれる場合もあり、スクールや講座により金額が違います。ネット申し込みだと割引になることもあります。
パワーストーンセラピストを学べるスクールは少ないので、自宅周辺にない場合は、通信講座ということになるでしょう。通信講座では、DVDやパワーストーンの作成キットが付属していることも多いので、自宅でも楽しみながらしっかりと学ぶことができます。

受験費用など

パワーストーンセラピストの資格試験の受験料は、5,600円です。
パワーストーンセラピスト資格(日本能力開発推進会の場合)の学習範囲は、パワーストーンの基礎や種類別の知識、パワーストーンとの付き合い方、パワーストーンを使った願い方、ケーススタディとなっています。
また、合否判定は、得点率70%以上で合格です。合否結果は、約1ヶ月で手元に届きます。

2-3資格取得にかかる期間

パワーストーンセラピストの資格取得にかかる期間は、取得方法などによって違ってきます。個人差もありますが、平均で4~6カ月の期間が必要になるでしょう。
スクールによっては、1週間ほどの短期間で習得することができるところもありますが、しっかりとした知識を身に付けるには短すぎると言えるでしょう。
後々のことを考えると、ある程度の時間をかけて、パワーストーンセラピストとして自信をもってやっていける知識を身に付けた方がいいでしょう。

パワーストーンセラピストの主な仕事

パワーストーンセラストに求められる仕事内容を詳しくご紹介します。

3-1主な仕事は石の選定

パワーストーンセラピストの大切な仕事は、何と言っても石の選定でしょう。たくさんあるパワーストーンの中から、相談者の求めている石を選んであげなければいけません。パワーストーンの選定には、パワーストーンについての深い知識が必要です。

3-2カウンセリング相手にぴったりの石をおすすめする

パワーストーンセラピストは、カウンセリングを行い、相手にぴったりの石をおすすめするのが仕事です。相談者である相手の悩みを正確に把握して、どのパワーストーンがいいのかをおすすめします。
また、どのような状態で持つのがいいのかのアドバイスも必要で、置物がいいのかブレスレットなどのように身に付けるのがいいのかなども、相談者に伝えましょう。

3-3施術の部分はパワーストーンの力で行うのが特徴

パワーストーンセラピストは、パワーストーンの不思議な力を利用し、人が持つ「気」の流れを整えて正常な状態へと導いていくものです。人の心の治癒や悩みの解消、またこうありたいと願う願望の実現化を手助けしていきます。
このような力は、パワーストーンセラピストが自ら施術するのではなく、パワーストーンが行ってくれます。

3-4相手の望みや悩みを的確によみとることが大切

パワーストーンセラピストは、相手の望みや悩みを的確によみとることが大切なので、エネルギー系のセラピストに分類されます。科学的根拠はありませんが、近年需要は伸びているようです。

パワーストーンセラピストの活躍の場

パワーストーンセラピストの実際の働き方についてご紹介します。

4-1独立開業

パワーストーンセラピストとして自ら独立開業をするには、パワーストーンの知識とパワーストーンセラピストの知識が必要でしょう。
そして、費用の面で考えておきたいのは、自宅でするのか店舗を構えるのかという点です。
独立する場合には、自分でパワーストーンを仕入れる必要もあります。パワーストーンは、大きさや品質、入手困難な希少石などにより価格に大きな差がありますので、どのような方法で仕入れるのかしっかりと検討することも大切です。
仕入などは、どこかの卸会社で行うのが普通でしょうが、パワーストーンにこだわりを持つ方などは、現地へ出向き自分で買い付けをするという人もいるでしょう。

4-2パワーストーンショップ

パワーストーンセラピストの知識があったり、資格を持っていたりする場合は、パワーストーンショップの店員で働く時に優位になります。予備知識がある上に相談者のアドバイスにも上手く対応できるでしょう。

4-3講師

パワーストーンセラピストの知識があれば、講師をするのにも優位になります。できれば、パワーストーンセラピストなどの資格を取得した方が肩書としていいですね。パワーストーンの知識が豊富にあり、人を教えることが好きな人に向いているでしょう。

パワーストーンの知識を深めよう!パワーストーンセラピストの資格が役に立つ!のまとめ

パワーストーンセラピストとは、パワーストーンの知識を深め、悩みを持つ人、迷っている人などに対して、セラピストとして的確なアドバイスができる人です。パワーストーンの知識を深めると共に、パワーストーンのパワーや役割、人に与える影響力を身に付けることが大切です。
人が、こうありたいと願う願望に対して良き相談相手となり、必要かつ相性のいいパワーストーンを選択できるパワーストーンセラピストを目指しましょう。

他の資格認定試験を探す