最強のパワーを手に入れる!パワーストーンの正しい浄化方法とは?

最強のパワーを手に入れる!パワーストーンの正しい浄化方法とは?

パワーストーンは、運気が上がる!ということで、ブレスレットなどで身に付ける人が増えてきました。そんな人気のパワーストーンですが、そのまま使い続けると本来のエネルギーを受け取ることができなくなってしまいます。

実は、パワーストーンにも浄化が必要なのです。パワーストーンに浄化ってどういうこと?難しいの?と思う人もいるでしょう。パワーストーンの浄化は、とっても簡単に出来てしまいます。ここでは、そんなパワーストーンの浄化の方法について詳しくご紹介します。

パワーストーンの浄化とは?

パワーストーンに浄化には意味があります。

本来のエネルギー状態に戻す

パワーストーンは、人が触れることでマイナスエネルギーを吸収する働きがあります。私たちが、ショップなどでパワーストーンを購入した場合、そのパワーストーンはたくさんの人の手に触れているので、そのままパワーストーンを身に付けるのはよくありません。

パワーストーンを購入したときや毎日身に付けている場合は、パワーストーンの本来のパワーに戻す「浄化」という作業が必要になります。マイナスエネルギーに満たされたパワーストーンを身に付けるのはよくありませんよね。

吸収したマイナスエネルギーを浄化する

パワーストーンが、吸収したマイナスエネルギーを浄化する方法はいくつかあります。浄化と聞くと難しいように思うかもしれませんが、ポイントを抑えればとても簡単なものばかりです。逆に、そんなことで浄化になるの?というぐらいすぐに出来てしまうものもあります。

浄化するタイミング

効果的な浄化の時をご紹介します。

月に1回が目安

パワーストーンをブレスレットなどで毎日身に付ける人は、マイナスエネルギーを浄化するために、少なくとも月に一度を目安と考えましょう。もし、もう少しマメに浄化ができるのであればもちろんその方がパワーストーンやあなたにとっていいでしょう。

負のことがあったとき

パワーストーンにパワーがなくなってきたと感じた時や、良くないことが続くなどの負の出来事があったときは、浄化の必要があるときです。石にも休息が必要なのを覚えておきましょう。

所有者しだいで異なる

パワーストーンを浄化するタイミングは、実際のところ所有者次第で異なります。おおよその目安は、パワーストーンブレスレットなどの場合、ゴムが緩くなってきたとか金具の汚れが目立つようになってきたというのが浄化のタイミングです。

しかし、そろそろ浄化した方がいいかなと直感で感じたのなら、そのタイミングで浄化するのがいいでしょう。

パワーストーンの浄化方法

では、実際の浄化の方法について解説していきます。

月光浴

パワーストーンに月の光を当てることで浄化することができます。

・満月の夜におこなうのがベスト

月には満ち欠けがありますが、満月の美しい夜が理想的です。それ以外は、新月から満月にかけての満ちていく月の光でもいいでしょう。

・すべての石に対応、とくに月に関係する石の浄化におすすめ

月光浴は、全てのパワーストーンに適しています。とくに月に関係するパワーストーンの浄化におすすめです。

太陽光

パワーストーンの浄化方法のひとつに、太陽の光を直接当てることで浄化をするという方法があります。

・日の出から午前中の太陽

太陽光の浄化の方法は、まず初めに水で浄化をして、その後に太陽の光に当てるようにしましょう。太陽の光を当てる時間帯は、日の出から午前中までが、一番パワフルで石にいいエネルギーを与えるとされています。

それができない場合は、明るい窓際に置いておくだけでも良いとされています。この時は、日没前にはパワーストーンを取り込んでください。

・アメジスト、パールなど、劣化やひび割れに注意の石もある

パワーストーンの中には、太陽光での浄化に適さない石もあります。アメジストやパールなどのように、劣化やひび割れの原因になる石は違う浄化方法にしましょう。

流水

パワーストーンを流水にさらして浄化する方法です。

・天然の自然水がベスト

汚染されていないきれいな天然水が一番いいとされています。観光などできれいな流水を見つけたら、緩やかな流れの中にしばらく付けておくのもいいでしょう。流水による浄化後は、やさしく丁寧に水分をふき取りましょう。

・水道水を使う場合はカルキ抜きが必要

天然水があるところまでなかなか行く機会がないという人は、普通の水でも大丈夫です。その時はカルキ抜きなどして、ボールなどに入れてまる一日つけておくのがいいでしょう。水分はもちろんふき取ってくださいね。

・流水が不向きのパワーストーンには注意

また、パワーストーンによっては、流水による浄化が不向きなものもあります。水に弱いラピスラズリやヘマタイト、ターコイズなどは、変色や退色などの原因になります。パワーストーンの取り扱いには十分に注意しましょう。

パワーストーンの浄化に塩で浄化する方法があります。

・塩を盛ったお皿にいれる、穢れが強い場合は埋める

浄化するパワーストーンを塩の盛ったお皿に入れます。石の穢れが強い場合は中に埋めてまる1日おきます。その後、きれいな流水でしっかりとすすぎ、水分をていねいにふき取りましょう。そして、太陽光やクラスターでパワーチャージするのがいいでしょう。

・天然のあら塩や、岩塩がベスト

浄化に使用する塩は、天然のあら塩や岩塩がいいでしょう。パワーストーンのマイナスイオンをしっかり取り除くのに最適です。また、浄化後の塩は、料理などの別の目的で使用しないようにしましょう。

・おすすめできない石に注意

パワーストーンの中で、ターコイズ、セレナイト、ヘマタイトなどのように変色や退色などをしてしまうので塩の浄化に不向きな石もあります。浄化の際には、十分気を付けてください。

クラスター

クラスターは、浄化作用にとても優れたパワーを持っています。

・水晶やアメジストのクラスター

先端が多方面に伸びているのが特徴的で、その場の空間エネルギーをクリーンな状態にしてくれるので浄化には適しています。また、浄化の際に石を選ばず、どのパワーストーンでも浄化できます。

このクラスターの上にパワーストーンをのせておくだけで、簡単に浄化ができてしまいます。疲れたマイナスエネルギーに満ちたパワーストーンも、浄化することでクリアなエネルギーをチャージできるのです。

お香やセージ

お香やセージなどを焚き、その煙の中にパワーストーンをくぐらせるという浄化方法があります。

煙がパワーストーンの隅々まで行き渡るようにし、その空間に1時間ほど置くのがいいとされています。

特に、セージは高い浄化力を持つとされています。石の浄化だけでなく部屋の浄化にも効果的です。また、この浄化方法は、全てのパワーストーンに適しています。

浄化するときの注意点

有効的に浄化する為には、注意したいポイントがあります。

合わない方法でおこなうと石の劣化や変色などの原因となる

パワーストーンの浄化の方法にはいくつかありますが、中には浄化の方法が不向きな石もあります。間違った方法で浄化をしてしまうと、石の劣化や変色などの原因に繋がります。浄化はその石にとっての正しい方法で行いましょう。

金具やゴムにも注意

浄化をする時に、パワーストーンのことに気を取られているとうっかり失敗することがあります。パワーストーンのブレスレットなどの場合、金属チャームやゴムなど付属品が付いていることがあります。浄化する前には、その浄化方法で問題ないかを再確認しましょう。

最強のパワーを手に入れる!パワーストーンの正しい浄化方法とは?のまとめ

パワーストーンは、マイナスエネルギーを吸収して持ち主にいいパワーを与えてくれますが、そのまま何もしないで使い続けるのはよくありません。パワーストーンは、浄化することでマイナスエネルギーを取り除き、本来の力をチャージできるのです。

私たちが身に付けるパワーストーンが、いつも最適な状態のパワーを維持するためには、浄化という作業が必要です。あなたのパワーストーンにあった浄化方法を行うことで、石本来のエネルギーを十分に受け取ることができるのです。