願いが叶った後のパワーストーンの捨て方で一番いい方法は?

願いが叶った後のパワーストーンの捨て方で一番いい方法は?

パワーストーンは、ブレスレットなどのアクセサリーとして身に付け、運気を上げる開運グッズとして楽しむことができます。

しかし、願いが叶って必要なくなった、壊れてしまったなどの理由で手放す時が来ることもあります。そういう時の処分方法は、いったいどうしたらいいのでしょうか?

そのまま捨てることもできますが、今までパワーをくれて守ってくれた大切なパワーストーンですから、そのまま捨てても大丈夫なのか?もしかしたら、供養が必要かもしれないとあれこれ悩んでしまいますよね。そういったパワーストーンの捨て方について詳しくご紹介しましょう。

使わなくなったパワーストーンは?

環境や心境の変化により、手持ちのパワーストーンの役割が終わる時がやってくるものです。

願いが叶って役目を終えたパワーストーン

今まで大切にしていて愛着のあるパワーストーンですが、願いが叶って役目を終えるということも当然あるでしょう。

しかし、役目を終えたからと言って、無造作にゴミ箱にポイッと捨ててしまうのもどうだろうかと躊躇しますよね。

割れ、ひびなどで使えなくなったもの

パワーストーンは割れ物なので、使用しているうちにうっかり落としたりして、割れたりひびが入るなどして使えなくなることもあります。そうなってしまったら、残念ながら処分するという方法を取るしかないでしょう。

使わないけど捨てることに躊躇しているひとは多い

パワーストーンは、今までエネルギーを受け取ってきた大切な石なので、使わないからと言って捨てることに躊躇する人は多いでしょう。パワーストーンと呼ばれているので、そのまま捨ててしまうと、もしかして罰が当たるのではないかと心配する人も多いものです。

パワーストーンの手放し方

では、どのように手放すとよいのか、おすすめの方法をご紹介します。

一般ごみに捨てる

パワーストーンは、ブレスレットなどのように小さいサイズの石ならば、燃えないゴミとして捨てることができるかもしれません。パワーストーンの処分としては、この方法が一番多いともいえます。

しかし、現代社会においてゴミの分別方法は、地域によってさまざまなので、ご自分の地域の処分法をご確認ください。パワーストーンの処分方法については、各環境事業所などのゴミ処理担当部署へ問い合わせるのがいいでしょう。

また、ブレスレットやストラップなどの場合は、金属やゴムなどが使われているので、きちんと分別を行います。大切に使って役目を終えたものなので、紙や布で丁寧に包んでから手放すようにすると感謝の気持ちを込めることができるので良いですね。

専門店で相談・処分

パワーストーンの処分に悩んで困ってしまった場合、パワーストーンの専門店で手放す方法を聞いてみるという方法もあります。専門店の中には、パワーストーンを引き取って神社で供養を行い処分してくれるところもあります。ネット等で調べて相談してみるのがいいでしょう。

自然に還す、プランター・庭に埋める

パワーストーンは、もともと自然界からできたものなので、自然に還すというのが一番いい方法だと言われています。

しかし、現在の法律では、海や山、川などの自然に大きな石や大量のパワーストーンを捨ててしまえば、不法投棄や自然破壊ということになりかねません。

土に還そうと近所の公園内の土に埋めるのも、残念ながら法律的には違反となってしまいます。川に流す場合も、水中の生き物が間違って食べてしまうと可能性もあるのでおすすめできません。

また、自然界に還したつもりでも、誰かに拾われるということがないとは言い切れません。そういうことになってしまったら、あまり気持ちのいいものではないですよね。

自然に還す一番いい方法は、自宅の敷地内や自分が所有している土地に埋めるか、それができないのなら自宅でプランターを用意して土に埋めるなどの方法になります。

神社で石の供養をする

パワーストーンをゴミとして処分することに抵抗があるという人も多いのではないでしょうか?そういう時は、神社での供養をおすすめします。パワーストーンの供養を神社でやってもらえるなら、石も喜んでくれそうで安心ですよね。

パワーストーンの場合、どの神社でも供養をしてくれるという訳ではありませんが、神社でも供養をしてくれるところはあります。近くの神社に問い合わせるかネットで検索するとよいでしょう。

買い取ってもらう

天然石であるパワーストーンは、お店で買い取ってもらうことができます。お店やパワーストーンのサイズ、状態などによって金額が違います。もし、買い取ってもらいたいと思ったら相談してみるのがいいでしょう。

パワーストーンを捨てる時の手順

では、具体的な捨て方の手順についてご紹介します。

役目を終えた石を浄化する

役目を終えたパワーストーンを捨てる前には、しっかりと浄化をしてあげるのがいいでしょう。浄化をする時は、今までの感謝の気持ちを込めてパワーストーンを丁寧に扱ってあげましょう。

また、浄化方法にも太陽光、月光浴、流水などいろいろありますので、自分にあった浄化方法はどれなのか参考にしてみてください。

・太陽光

パワーストーンを太陽の光に当てることで浄化することができます。その際の時間帯は正午までがいいとされています。パワーストーンを窓辺などに置いて1時間~半日程度太陽の光に当てるだけなので、すぐにできる簡単な浄化方法と言えます。

・月光浴

日光浴と同じように月の光でも浄化できます。窓辺などで1時間~1晩程度が浄化に適しています。月は満ち欠けがあり満月の時が一番おすすめで、それ以外は新月から満月にかけての満ちていく月の光でも有効ですよ。

・流水

パワーストーンを流水にさらす方法で浄化することもできます。きれいな天然水がいいとされていますが、カルキ抜きした水道水も利用できます。流水で浄化した後は水分をふき取りましょう。

・セージ

セージを焚き、その煙の中にパワーストーンをくぐらせることで浄化するという方法があります。パワーストーン全体に煙が行き渡るようにして、1時間ほどその空間に置いておいてください。石だけでなく部屋の浄化にもなります。

・塩

天然のあら塩などを小皿のようなものに入れ、その中にパワーストーンを埋めておくと浄化になります。埋めて置く時間は、10分~1晩程度でいいでしょう。

また、海水程度の食塩水に入れての浄化も可能です。

アクセサリーの場合は金属部分をはずして一般ごみに

パワーストーンがアクセサリーの場合は、金属部分をはずして、一般ごみに分別するようにしましょう。

捨てる時のポイント

パワーストーンを捨てるときのポイントを押さえておきましょう。

明確なルールはない

パワーストーンの捨て方にはいろいろありますが、どれが正しいとか明確なルールはありません。大切にしていたパワーストーンなだけにいざ捨てるとなるとどの方法がいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

納得できる手放し方をすることが大切

パワーストーンをどのような方法で手放すかは人それぞれになりますが、一番大切なのは、今まで自分を守ってくれてありがとうという感謝の気持ちと、大切な石であったという想いを込めて扱うことが、何より石のためになります。

願いが叶った後のパワーストーンの捨て方で一番いい方法は?のまとめ

今まで大切にしていたパワーストーンも、願いが叶ったなどの理由で捨てることを考える時があるかもしれません。そうしたときには、感謝の気持ちを込めて石の浄化をしてから捨てることをおすすめします。

また、どういう方法で捨てたらいいのかと迷うこともあるでしょう。

自分の敷地内の土に還して自然に還してあげる方法や、神社に頼んで供養をしてもらうなど幾つか方法はあります。いずれの方法を取るにしても、感謝の気持ちを込めてお別れをすれば石にも気持ちが伝わっているはずです。

あなたが安心して捨てることができたなら、それは石にとってもいいことだと考えましょう。