宿曜占星術で性格占い!二十七宿のどこに属するかでわかる自分の性格

宿曜占星術で性格占い!二十七宿のどこに属するかでわかる自分の性格
宿曜占星術でわかるのは、自分の性格や運勢、相性です。
生年月日と生まれた日時で導き出されるものは星である「宿」で、自分がどの宿(星)に属しているかで性格から運勢、相性まで分かります。どの人も二十七宿のうちのどれかに属します。
とりわけ的中率が高いのは相性占いです。宿の数が多く宿の組み合わせもたくさんできるので、より詳細な相性占いができます。
悩みの中では人間関係が一番多いのではないでしょうか。調べてみたい相性は好きな人だけではなく、職場の上司や同僚、近所の人、家族に至るまでたくさんありますよね。人間関係には多様な悩みがつきものです。
そんな悩みも宿曜占星術で得られた相性占いがひとつのアドバイスになって、悩みが解決することもあります。日本に宿曜を紹介した空海も、実際の日常生活に宿曜を積極的に利用したともいわれています。私たちも宿曜占星術を大いに利用して、できるだけ幸運を呼び込みましょう。
ここでは、二十七宿それぞれの特徴をみていきます。

目次

宿曜占星術でわかること

二十七宿のどれに属するかがわかると、まず、自分の性格の特徴がわかります。いいところはさらによくするように、悪いところは気をつけることで運気がアップします。
そのためのアドバイスとして宿曜占星術は最適です。

1-1各宿にはそれぞれ男女の性格的特徴がある

宿曜占星術の特徴は、生まれた時の月の位置によって運命が決まるというものです。
かなり詳細に個人的な内面まで占うことができるので、男性女性に分けた性格分析もできて、人間関係へのアドバイスや相性から恋愛まで幅広く占うことができます。

1-2宿の組み合わせにより、人間関係の相性もわかる

相性に至っては、27宿×27宿=729通りの相性を占うことができるので的中率が高く人気になっています。

1-3性格から向いている職業や結婚観、開運方法などを判断する

生年月日と生まれた日時で自分が属する宿を見つけると、まず性格が分かります。この性格をもとにして職業や結婚、開運方法などへのアドバイスをするのが宿曜占星術です。

二十七宿の分類と属性

二十七宿の分類方法には、性質によるものと方位によるものの2種類があります。ここでは性質による分類をみていきます。

2-1宿は性質によって7つに分類される

次の7つに分類されます。
①安住宿(4つの宿)
何事にも恵まれる幸福宿です。努力が実って大成します。
②和善宿(4つの宿)
人に好かれる宿です。まわりから手を差し伸べられて成功を手にすることができます。
③悪害宿(4つの宿)
ひと癖ある宿です。人を押しのけてでも成功をつかみ取ろうというような面もあり、人から嫌われるところもあります。
④急速宿(4つの宿)
何事にも対応できる器用な宿です。人付き合いもよく世渡り上手です。
⑤猛悪宿(4つの宿)
我が強く独断的な宿です。独断で物事を決めてしまうところがあって、人から嫌われ失敗して社会を恨むようなこともあります。
⑥軽燥宿(5つの宿)
努力家だが短気な宿です。
⑦剛柔宿(2つの宿)
柔と剛の二面性をもつ宿です。芸術的なセンスもあって魅力的な面があります。
合計で27宿になります。

2-2各宿の性格は、この属性による性質も加味しながら判断する

二十七宿それぞれの宿の性格は、7つに分類された宿の性質も加味しながら、その宿独自の運勢が判断されます。
その際、もうひとつの分類方法である「方位による分類」も利用すると、さらに詳細な判断ができます。

二十七宿の性格的特徴

それでは二十七宿それぞれの特徴をみていきます。ここでは一般的な性格の特徴を紹介します。
①安住宿
・畢宿(ひっしゅく)
二十七宿のなかで一番安定していて穏やかな宿です。慎重で誠実なので人から信頼されます。
マイペース過ぎて他人の意見に耳を貸さないこともあるので注意が必要です。
・翼宿(よくしゅく)
三大幸運宿のひとつです。頭がよく粘り強く物事に取り組みます。サービス精神もあって人気者ですが、完璧主義が過ぎると他人から疎まれることもあります。信頼できる人には心を開くことも必要です。
・斗宿(としゅく)
三大幸運宿のひとつです。外見は華やかで負けん気も強く努力もする人です。カリスマ性があります。謙虚な気持ちがあれば周囲から引き立てられ、幸運な人生が送れます。
・壁宿(へきしゅく)
平和主義で誰に対しても優しく接することができます。
ですが、なかなか心を開くことができないので、恋愛や人間関係では悩むこともあるでしょう。
②和善宿
・嘴宿(ししゅく)
嘴(くちばし)の宿ということもあって話上手で、性格は穏やかで礼儀正しいです。好感度は高いです。思ったことを口に出していう癖もあるので、気をつけましょう。財運に恵まれる宿でもあります。
・角宿(かくしゅく)
人気者の宿です。見かけも頭もよくピュアな気持ちも持っています。人のためになることをしてあげると、人気運があるので運が開けていきます。
・房宿(ぼうしゅく)
二十七宿のうち一番、金運に恵まれる宿。異性にももて財運も引き寄せます。他人を思いやったり、人助けをしたりすることで運気がアップします。
・奎宿(けいしゅく)
二十七宿のうち一番、結婚運がいい宿です。正道をはずれない優等生タイプです。
ただ、感情に流されやすい面もあるので冷静さを忘れないようにしましょう。
③悪害宿
・参宿(しんしゅく)
エネルギッシュで活発な宿です。人生を自分で切り開くパワーの持ち主です。パワーがある分、ストレートな物言いや口調が荒くなることもあるので注意しましょう。
・柳宿(りゅうしゅく)
生まれながら運がいい宿です。困ったことがあっても、人づき合いが上手なので誰かが助けてくれる運の良さがあります。好きなことに熱中するかと思ったら、いつのまにか他のことに気持ちが移っているような移り気なところがあるので気をつけましょう。
・心宿(しんしゅく)
明るく社交的ですが、実は繊細で気疲れしやすいタイプです。本当は孤独で寂しがり屋なので、他人に心を開くことも大切です。
・尾宿(びしゅく)
職人気質の宿です。粘り強く着実に仕事をこなしていく仕事人タイプです。信頼は厚いですが、行き過ぎると頑固で孤独なイメージをもたれてしまいます。
④急速宿
・鬼宿(きしゅく)
感性が鋭い自由人タイプの宿です。異性にももて、芸術的な感性も持ち合わせています。物事に対して感覚的なので失敗も多くなりがちといえます。
・軫宿(しんしゅく)
精神世界に生きる宿です。不思議なパワーを持った人もいます。相手を見抜く力もありますが、完璧を求めがちなのでリラックスすることも必要です。
・婁宿(ろうしゅく)
多芸多才で人気者の宿です。人が考えもつかないアイデアも豊富ですが、猪突猛進な面もあるので冷静な判断をすることを忘れないようにしましょう。
・胃宿(いしゅく)
個性的なタイプが多い宿です。わがままで気性が激しい面もありますが、頭の良さやパワーを人のために使うと運が開けてきます。
⑤猛悪宿
・星宿(せいしゅく)
カリスマ性がある人が多い宿です。働き者で夢や目的に向かってひたすら進んでいくタイプです。こだわりが強いと周囲と対立することもあるので気をつけましょう。
・張宿(ちょうしゅく)
自然とリーダーになる宿です。話術も得意で統率力もあります。
ただし、調子に乗ったり、自分の言葉に酔ってしまったりするところもあるので、慎重に行動するようにしましょう。
・箕宿(きしゅく)
自分に忠実なタイプが多い宿です。思い込んだらまっしぐらになる情熱も持ち合わせています。相手の価値観も認められる柔軟性があれば開運もアップします。
・室宿(しつしゅく)
好き嫌いが激しく個性的な宿です。内面はガラスのように繊細でへこたれやすいところもあります。苦手な人にも歩み寄れる柔軟性を身につけると運気もアップします。
⑥軽燥宿
・井宿(せいしゅく)
インテリの宿です。物事を冷静にとらえて話術も巧みです。内面は繊細で平和主義といえます。インテリな分、議論になると引かないので周囲から疎まれることもあるので注意が必要です。
・亢宿(こうしゅく)
真面目な宿です。自分の主義、主張を貫こうとするところは27宿中、一番強いです。他人の意見も取り入れる柔軟性をもつと運気もアップします。
・女宿(じょしゅく)
努力を惜しまず見返りを求めない宿です。周囲から頼られ信頼されますが、自分と同じように相手に対しても求めてしまうと孤立してしまいます。周囲との調和は忘れないようにしましょう。
・虚宿(きょしゅく)
複雑で独特な性格の宿です。自尊心が高い反面、臆病で人づきあいが苦手なところもあって孤立しがちです。素直な自分をだせる相手を見つけると開運の可能性もあります。
・危宿(きしゅく)
社交性抜群の宿です。初対面でもすぐに打ち解けられる性質です。
ただ、熱しやすく冷めやすい移り気なところもあるので、腰を落ち着けて粘り強く物事に取り組むことは苦手といえます。最後までやり抜く気持ちをもつことも大切です。
⑦剛柔宿
・昴宿(ぼうしゅく)
三大幸福宿のひとつです。環境にも恵まれ、人からも引き立ててもらえます。
ただ、自分への評価を常に気にするところがあって、見栄を張る傾向があります。話術も巧みで見かけもいいので異性にもてます。不倫や浮気には注意しましょう。
・底宿(ていしゅく)
外見は温和で内面は意志が強い宿です。平和主義者で人から信頼されますが、勝ちにこだわるタイプでもあるので周囲との調和は大切にするとよいでしょう。

宿曜占星術で性格占い!二十七宿のどこに属するかでわかる自分の性格のまとめ

二十七宿それぞれの特徴をみていくと、占わなくても自分がどこの宿に属するか、わかるような気がしてきますね。
二十七宿という分類の数字は他の占いと比べてみても多く、宿曜占星術がいかに細かく分類されているかがわかります。
相性に至っては27×27=729通りです。
自分がどの宿に属するか無料で診断できるサイトもあるので、一度試して参考にしてみるといいですね。

他の資格認定試験を探す