タロットカード初心者でも安心!!カードの選び方と占い方法

タロットカード初心者でも安心!!カードの選び方と占い方法

タロットカードは、とても神秘的なものです。興味を持っても、いざ手を出そうとすると少し二の足を踏んでしまいますよね。

そんなタロット初心者の為に今回は、カードの選び方から占い方法までをお教えしましょう。案外、親しみやすいルールですぐにタロットカードに夢中になりますよ。

初心者におすすめのタロットカードの選び方

まず、世界で利用されている2大タロットカードをご説明しましょう。世界中で愛されているタロットカードは、大きく分けて2つあります。

1.マルセイユ版

現在のタロットカードの構成の基盤となる大アルカナ22枚と小アルカナ56枚からなります。18世紀のフランス革命の頃に印刷技術が進んだことにより大量生産されました。主に占い用として広く使用されています。

当時は、背面が白で統一されており、とてもカラフルな色合いが特徴でした。また、木版印刷でした。そのためデザインもどこか角張ったものです。色合いや絵柄は、フランス独自のセンスが反映されています。

2.ウェイト版

日本ではこのウェイト版のタロットカードのデザインがとても有名です。1908年にロンドンのライダー社から販売されました。

カードの構成は、基本的にマルセイユ版とほとんど同じです。違いは、大アルカナの8番と11番が入れ替わっている点だけです。

マルセイユ版とウェイト版の違いについて

構成が1か所、入れ替わっている。

構成はほとんど変わりありませんが、1点だけ、8番と11番が入れ替わっています。

絵柄のテーマ

マルセイユ版

独自のテーマがあり、ネコ、吸血鬼、アールヌーボ、魔法使い、妖精などそのテーマにそったデザインが統一されています。

ウェイト版

独自のテーマがありません。当時の作者が書いた絵柄をそのままに多少のアレンジを加えた程度のものです。

選び方のポイント

さて、ここでどんなタロットカードを選ぶかという選択をしなければなりません。ウェイト版は、日本で爆発的人気になり、タロットカードと言えばこれと思われるほど知名度が高いため初心者でもオススメですが一概にそうとも言えません。

タロットカードは、占いの面でもインスピレーションが必要なものです。ですから、選ぶ時にもそんな自分のフィーリングを大切にするといいでしょう。まずは、手に取って、ビビッと感じる物を直観で購入するといいでしょう。サイズなども違いますので手の大きさでも変わってきます。

直観で選ぶことができたタロットカードには、最初から親しみがあり、占いの方法を認識するスタートにもなります。

1つ入門編としての忠告です

タロットカードの中には、説明書が附属されていない場合もあります。それではいくら興味があっても、習得は難しいと言えるでしょう。ですから、その購入するカードのセット内容によっては説明書を用意しなければなりません。

初心者におすすめの占い方(スプレッド)

自分にあったタロットカードを手にしたところで、タロットカードの占いの入門編に移りましょう。タロットカードの占いは、カードを並べて行います。並べることを、タロットの世界では「スプレッド」といいます。

スプレッドには15種類あり、それぞれに適した質問内容があります。どんなことを質問するかによってスプレッドを変えると、よりタロットカードの力を引き出すことができます。

ワンカードスプレッド

1.タロットカードを裏向きにしてよくシャッフルします。

2.質問内容を心で唱えます。(想像しづらい時は、紙に書いてもよい)

3.好きなカードを1枚選びます。

4.選んだカードから感じられることを読み取りましょう。

5.好きなカードを1枚選ぶ方法は、どんな形でも構いません。1つにまとめても、バラバラの状態で

列に広げてもよいということです。

1枚のカードから内容を読み取る必要があるため質問内容はより具体的にしましょう。あいまいな部分があると結果もどこか漠然としてしまいがちになってしまいます。

質問に対してYes or Noで答えられるような内容にするといいでしょう。

・「今日の運勢はいい?」

・「好きな人に告白するべき?」

などです。

1枚からいろいろとイメージを膨らませて判断しなければなりませんのでインスピレーションをフル回転させ、あらゆる方向から考える必要があります。

ツーカードスプレッド

1.タロットカードを裏向きにしてよくシャッフルします。

2.質問内容を心で唱えます。(想像しづらい時は、紙に書いてもよい)

3.好きなカードを2枚選び、左右に置きます。

・左が結果

・右が対策

4.選んだカードから感じられることを読み取りましょう。

質問内容に対する結果と対策を占ってくれます。2つのどちらを選択すればいいのか悩んだ時にとても適したスプレッドです。

スリーカードスプレッド

1.タロットカードを裏向きにしてよくシャッフルします。

2.質問内容を心で唱えます。(想像しづらい時は、紙に書いてもよい)

3.好きなカードを3枚選び、横並びに並べます。

・左が過去:質問の過去、現状を作り出した原因など

・中が現在:現在はどのような状態か、質問内容の根本的な原因など

・右が未来:近い未来、結果、今後の行動など

4.選んだカードから感じられることを読み取りましょう。

3枚を使っての占いのため質問内容をより具体的に占うことがでます。過去、現在、未来と全体的な流れが大まかにわかるので覚えやすい上に使いやすいスプレッドです。

シンプル・クロス・スプレッド

1.タロットカードを裏向きにしてよくシャッフルします。

2.質問内容を心で唱えます。(想像しづらい時は、紙に書いてもよい)

3.好きなカードを2枚選び、1枚目を横向きにして2枚目をその上に縦向きに置きます。

・横向きの1枚目のカード:質問に対する現在の状況

・縦向きの2枚目のカード:質問者を邪魔しているもの

4.選んだカードから感じられることを読み取りましょう。

質問に対して、どんなことが妨害になっているかが明確にわかるスプレッドです。2枚あるカードを1つずつ深く読み解くというよりは、全体を捉えるようにします。スプレッドが織りなすストーリーを組み立てるように捉えていきましょう。

タロットでやってはいけないこと

タロットカードを選び、占い方法も少しみえたところで注意点も一緒にお伝えしておきましょう。タロットカードをする際には、やってはいけないことがあるのです。

ここでは必ず守りたい2つのことをお伝えいたします。

1.同じ質問を何度も占う

質問して占った結果が、納得いかなかったということもあるでしょう。全てがいい方向に行くとは、限りません。

しかし、だからと言って同じ質問を何回も短期間で占うことは避けましょう。せっかくインスピレーションを働かせて占ったのに何度も占ってしまってはただのカード遊びです。いろいろな見解がありますが、理想は3~6ヶ月開けて占うことをオススメします。

2.他人にタロットカードを触らせる

タロットカードには、その使用者の念がこもっていきます。そのことにより、タロットカードの力をより引き出すことができるのです。

しかし、他人がタロットカードに触れてしまうとその念が低下してしまいます。相手を占う時にシャッフルを任せること以外は、他人の手に触れないようにしましょう。

タロットカード初心者向けのカードの選び方と占い方のまとめ

すぐに手が出やすい趣味とは、言いがたいタロットカードです。しかし、カードや占い方をひも解いて知るうちに、少し親しみを感じませんか?簡単なスプレッドもあります。

タロットカードをしてみたいという気持ちを持ったならば、まずは、直観で感じたタロットカードを手にして簡単なスプレッドで占ってみませんか?