手相がない人薄い人とは?手相が示す本当の意味を知ろう!

手相がない人薄い人とは?手相が示す本当の意味を知ろう!

手相は人によってそれぞれ違いますが、手相の中には手相がないと思われるほど線が薄い人もいます。 よく薄い手相は運勢が良くないって言われたりしますよね。私薄いのだけどそれは本当なの?!と自分がそうだと思わず心配になってしまうかと思います。

しかし、手相が薄くても悪い運勢という訳ではありませんので、安心してください。手相が薄い人は、細かいことによく気が付くので少し神経質な人に多いですが、人に対して気遣いができるデリケートで優しい人です。

また、手相が薄いと感じる人は、細いシワのような線が多い人や基本的な線が目立って他の線が見えづらいということもあります。

薄い手相の意味

手相が薄いと自分で気になりだすと、幸が薄く感じて自分の将来が心配です。

しかし、結論から先に言うと手相が薄いからと言って幸せになれないという訳では決してありません。手相が薄いということは、いったい何を現しているのかを詳しくご紹介しましょう。

手相が薄い理由は環境や生活習慣の影響が大きい

手相が薄い理由は何なのかと言うと、その人の環境や生活習慣の影響を大きく受けています。手相は変化していきますので、その人の置かれている環境や生き方が変われば違った手相になっていくでしょう。

謙虚で控えめな人が多い

手相の線が薄い人は、社会において自己主張をあまりしない謙虚で控えめな人が多いです。いろいろな細かいことに気が付く優しい人です。決して悪い手相ではないのです。

組織においては高い協調性をもつなど

組織においては自己主張をしないので高い協調性があります。縁の下の力持ちというように、裏方に回り人に協力する人に多いでしょう。

しかし、ストレスを溜めやすいということもあるので注意しましょう。

薄い手相の見分け方

手相の線が薄いと良くない運勢だと心配する人がいますが、問題ない場合もあります。逆に薄い方がいいということもあるのです。それに本人は手相の線が薄いと思っていてもごく一般的な場合もありますので、どう判断すべきかをご紹介しましょう。

男性の方が女性よりも濃い傾向にある

手相の線の濃さでいうと、男性と女性では男性の方が濃い傾向にあります。もちろん例外はあるので、男性でも女性らしい手で手相が薄い人もいます。

同性で比べる

手相の線が薄いと気になる人は、異性の手相ではなく同性の人と比べてみてください。男性と女性では基本手相の濃さが違うので必ず同性の手を見比べてください。

自分のみで判断せず、複数人と比べて判断する

手相が薄いかどうかの判断は素人目には難しく、自分で手相が薄いかどうかを判断すると意外と思いこみということがあります。その判断は、数人の手相ではわからないので、できれば10人くらいの人に手相を見せてもらう方が確実でしょう。

手相が薄いひとの性格と特徴

手相が薄いと一言で言っても、全体的に薄い線なのかあるいは部分的に薄いのかという点でも意味に違いがあります。手相が薄い理由は、一般的には環境や本人の状態に影響を受けています。

また、手相の濃さは、その人の芯の強さ!エネルギーのバロメータ―のようなものとも考えることができます。手相が薄い人は、悩んだり迷ったりしている人です。柔軟性のある考え方をするので人の意見を聞き入れやすい人とされています。

線が多くて薄い人

細い線が多く現れているために、手相自体の線が薄いと感じる人もいるでしょう。このような人は手のひらが薄く痩せている人です。そういった手相の人は、気が散りやすく散漫になりやすいですが、勉強を一生懸命にすると多彩な能力を発揮できるでしょう。

また、神経質な反面細かいことに気が付き優しい性格の人が多いです。女性の場合は、気が利くので、目上の人にかわいがってもらえるでしょう。

・自己主張が控えめ、悩みがちなど

手相の線が細すぎて薄いと感じている人は、あえて自己主張をしない控えめな人に多いです。細かいことに気を配れる反面、いろいろなことで人より多く悩みがちになるというタイプの人でしょう。

全体的に薄い人

手相の線が全体的に薄いと感じる人もいるのではないでしょうか。手相の中には細い線が多く目立っているので薄いと感じている人もいるでしょう。

・冷静・物事を俯瞰してみているなど

手相の濃さは性格の影響を受けています。手相が全体的に薄いという人は、ちょっとでも嫌なことがあるといつまでもそれを引きずってしまうという特徴があります。

また、冷静に物事を俯瞰することができる人です。

線別にみる性格と特徴

手相には、幾つもの線がありそれぞれに違う意味があります。特に、運命線・生命線・知能線は基本三線とされています。線別に手相がないあるいは薄い人の性格と特徴を詳しく見ていきましょう。

運命線がない・薄い人

運命線がない薄いと感じている人もいるのではないでしょうか。運命線が薄いと感じている人の中にはまっすぐ伸びているけど薄かったり、途切れ途切れの線だったりということで、薄く感じているので不安になるという人もいるでしょう 。

運命線とは、仕事運、家庭運や運勢を表す線とされています。男性と女性でも若干違い男性の場合は主に仕事運を表している線とされています。そして女性の場合は、仕事運や家庭運を現しているとされています。

・社会とのかかわりが薄い・依存的・マイペース

運命線が薄い場合は、社会との関わりが薄く依存的であり比較的マイペースな方が多いです。

しかし、それは悪い意味ではなく女性の場合だと、外でバリバリに働くキャリアウーマンではなく、家庭に入る専業主婦に現れるということです。しっかりと家庭や家族を守る良い運勢だと判断することができます。

生命線がない・薄い人

手相の線が薄いと感じる線の中で生命線が薄いと感じている人もいるでしょう。生命線の濃さを現わしているのは生命力と言えるでしょう。

・虚弱体質・体力不足

手相の中で他の線に比べて生命線が薄いと感じている場合は、少し虚弱体質君で体力が不足しスタミナが足りていない状態なのかもしれません。体力か気力のどちらかが不足していると考えられます。

生命線の線がかなり薄いと感じている場合でも、その横にある運命線があれば問題ありません。運命線が補ってくれるでしょう。

知能線がない・薄い人

知能線は、手相の基本三大線のひとつでとても重要な線になりますが、この知能線が完全にないという場合はかなり稀な手相になります。自分の手相が1本足りないと感じている人は、中央線と感情線が重なってひとつになっている「ますかけ線」なのかもしれません。

・主張が弱い・濃さよりも長さがポイント

知能線がない・薄いと感じている人は、何事においても主張が弱く外れやすい数奇な運命を歩む傾向にあると言えるでしょう。

しかし、知能線が薄いけど長いという人はじっくり物事を考えてから答えを出すという特徴があります。少し理屈っぽく相手をやり込めてしまうという人もいるので少し注意が必要です。

手相がない人薄い人とは?手相が示す本当の意味を知ろう!のまとめ

自分の手相が薄く良い運勢ではないのかと悩んでいる人がいるかもしれません。手相が薄いのは思い違いかもしれないし、もし本当に薄くても決して悪い運勢ではありません。謙虚で控えめなので、敢えて社会と関わろうとしないだけです。

やさしい性格の持ち主に多く、人よりいろいろなことに気付きやすいので、ストレスをため込みやすく神経質でデリケートな気質を持っています。あまりストレスをため込まないで上手く発散する事を心掛けましょう。

手相は日々変化していきます。その人の生き方ひとつで変わっていくものなので、自分に自信をもって歩んでいけば自ずと道は開け良い手相へと近づいていくでしょう。