水回りが重要!水回りの風水について

風水を語る上で欠かす事のできない場所が水回りです。特に水回りは、綺麗にしておく事で、運気が上がると考えられている場所です。

水回りは停滞してしまうと腐ってしまいますから、停滞させず常に綺麗に流し続けておく事がとても大切です。

風水家相における水回りとは?

風水でも重要視されている水回りです。家相では、北東方向を表鬼門、南西方向は裏鬼門と呼ばれていて、水回りの配置は良くないと言われています。

風水で「水」は大きな影響を持つもの

風水で水というのは大きな影響を持ちます。 水回りの方位や環境で、人間にとって最も重要な健康運に大きく影響してしまいます。

最近健康運がついてない気がするなどの心当たりがある方は、是非一度お家の水回り、確認してみて下さい。

家の水回りは健康に直結

家の水回りは、健康に直結する事はもちろん、美容にも直結すると考えられています。

水回りは常に清潔にし、きちんと掃除をしておく事が基本となります。淀んだ水は身体だけではなく、心の健康にも影響がありますので注意が必要です。

なるべくこまめに掃除をし、常に綺麗にしておく様心がけましょう。

家相では水回りの排水口・コンロ・出入りできる開口部(ドアや掃き出し窓など)は不浄の部位

水回りの排水口、コンロ、また開口部は不浄の部位です。

排水口は掃除をしていないと、詰まってしまったり、悪臭が伴いますよね。排水口の詰まりは、悪い気が流れていかず全ての運気を下げてしまいます。

また、悪臭はその悪臭自体が悪い気とされています。水回りに関係して、蛇口も手垢がたまりやすいので、こまめに落としておくと良いでしょう。

水回りだけではありませんが、汚れは蓄積させないという事がとても大切です。

風水家相での水回りの基本

風水と家相では、水回りの基本的な考えが異なります。家相では凶方位に水回りが位置すると良くないと考えられています。

風水では、トイレ・風呂は凶方位に配置

家相とは逆で、風水での考え方では、トイレやお風呂などは凶方位に配置すると良いと考えられています。家相とは全く違う考え方ですので、同じに捉えない事が大切です。

凶のエネルギーは水と一緒に外に出すという考え方

悪い気を発してしまう、汚れてしまっている水、というのは凶方位に向け流すというのが風水での考え方となります。

「水の淀みは心を害する」ため、常に整理整頓し清潔にしておく

水の淀みは心を害すると考えられます。

また、水回りは健康や美容に直結しているとされている為、常に片付けて綺麗にしておく事でこれらの運気ダウンを避けることができます。

健康や美容は人間にとってとても大切な事ですから、気をつけましょう。

水回りの吉凶方位と運気アップの方法

水回りの吉凶方位と、運気アップの方法について、いくつか御紹介させて頂きます。

トイレの風水

トイレには神様が宿るといわれていますが、身体の不要な物を流すトイレは、風水的にはあまり良い場所ではありません。

ですが、綺麗に使う事で金運アップに繋がるとされています。良い場所とは言えないからこそ、常に清潔にしておく事で、運気ダウンを避けることができます。

・吉凶方位・間取り

トイレには吉方位は無いと考えられていて、元々あまり良く無い場所ですが、常に清潔に保ち、綺麗にしておく事で、運気ダウンを避けるというイメージになります。

ですが、基本的には正中線、鬼門戦、家の中心 西30度 北30度の範囲内は良くないとされています。

また、窓が無く、風通しが悪い家の中央にあるトイレは大凶に匹敵してしまうので、注意しましょう。

トイレは温度や湿度が一定なのがとても良いとされます。水と相性の良い方角は東30 東南60 北西60です。

小さくても窓があり、風通しが良く、自然光が差し込む様なトイレはとても良い環境といえます。間取りを決める際に是非参考にしてみて下さい。

・運気アップの方法

トイレは区切った方が良いとされる場所でもあります。

トイレ用のマットレスをきちんと敷き、トイレとその他のお部屋を区切る必要があります。

また、トイレとの区別をきちんとする為、トイレ用のスリッパを用意するのをおすすめめします。

トイレの気を他の部屋に持ち込まないようにしましょう。

また、芳香剤や観葉植物はトイレの気を中和する効果があると言われていますので、取り入れてみて下さい。

インテリアだけでは無く、トイレを掃除する際、素手で掃除に取り組む事で、運気が上がるとされています。これは、汚れにきちんと向き合う事で、トイレに住む神様から好かれるからと言い伝えられています。

また、便器の部分をきちんと丁寧に掃除する事で、運気ダウンを避けられます。

そして、最後に日常の中で、少しの意識出来る運気アップの方法です。トイレのフタは必ず閉めておくと言うことです。フタを開けっぱなしにしてしまうと、悪い気がそこから出てきてしまいますので、きちんと閉めましょう。

また、トイレを流す前にフタを閉める事で、汚れや水が飛び散るのを防いでくれますのでおすすめです。

キッチンの風水

食と深く関係があるキッチンは、金運や、健康運に強く影響があるとされている場所です。キッチンは綺麗にし、きちんと整理整頓しておく事で、運気アップが期待出来ます。

キッチンは食べ物を扱う場所ですので、風水的にはもちろん、衛生面でも綺麗にしておく事が大切です。

・吉凶方位・間取り

キッチンの吉方位は、東、東南、西北です。

西や西南ですと、夏場などは食べ物が腐敗しやすくなりますので、あまり向きません。

また、東西南北の正中線上には、水道の水栓や流しの排水口、また、コンロなどの火を持ってこないという事が基本です。

そして、風通しが良いという事が風水ではとても良いので、間取りを考える際には是非参考にしてみて下さい。

小さくても窓を付けたり、朝日が当たる場所にキッチンを置くのがとても良いので、これから間取りを決める方は意識してみて下さいね。

・運気アップの方法

キッチンには殆どの方がキッチンマットを敷くかと思いますが、その際にポイントがあります。

キッチンは火と水の、両方の気を持っています。ですので、キッチンマットを選ぶ際には、木の気を持った綿や麻の天然素材の物をチョイスするととても良いです。

火と水の気がある所へ木の気を取り込んであげる事で、バランスを取ることができます。

また、洗った後の食器はいつまでも出しっ放しにしておくのでは無く、水気をきちんと拭き取り、食器棚へ収納しましょう。整理整頓しておく事が大切です。

ゴミ箱はなるべくフタ付きの物を選ぶようにしましょう。悪い気を外に出さない為にフタ付きのゴミ箱が有効なのです。フタのないゴミ箱ですと、悪い気がゴミ箱から出て充満してしまいます。

そして、一番やっている方が多い事なのですが、冷蔵庫にメモやマグネットなどをたくさん貼る事です。

これは悪い気が溜まってしまうので、必ず避けるようにしましょう。

また、古い食材をいつまでも冷蔵庫内へ入れておく事も、良くありません。

キッチンは出来るだけ整理整頓し、綺麗にしておくのが何よりも重要です。風水上だけでなく、夏場は食中毒も流行る時期なので、衛生面にも風水上にも良い事になりますね。

水回りが重要!水回りの風水についてのまとめ

水回りの風水について、お分かり頂けたでしょうか。お家の中に必ず何箇所かある水回りだからこそ、風水でもかなり重要な場所となってきます。

水回りだけに限らず、家の中が整理整頓されておらず掃除がされてないと、気分まで落ち込んでしまいますよね。その時点でもう悪い気が出てしまっているのです。

そうならない為にも、家は水回りに限らず、きちんと掃除をし、整理整頓をしておく事です。

気持ちも前向きになりますし、それだけで運気アップに繋がります。