パワーストーンの資格とは?!必要な資格や仕事内容を解説!

上手くいかないことが続き、落ち込んでしまうことは誰でも経験したことがあると思います。

そんなとき、パワーストーンは不思議な力を発揮してくれます。

悩んでいる方にパワーストーンの知識を活かしてサポートしてあげるのがパワーストーン鑑定士です。

では、パワーストーン鑑定士になるにはどのようにしたら良いのでしょうか。

パワーストーン鑑定士になるための方法や必要な資格、どんな仕事をしているのかを紹介していきたいと思います。

パワーストーン鑑定士とは?

パワーストーン鑑定士とは、パワーストーンの歴史や種類、意味を理解し、その魅力とメリットを伝えます。

また、風水との関連性についての知識も身に付けています。

パワーストーンは、身に付けると心が落ち着くことがあります。

パワーストーンにはそれぞれの意味があり、身に付ける石の種類や組み合わせによって異なるパワーを発揮してくれます。

そんなパワーストーンには、主に下記のような種類があります。

  • 金運や財運運は、タイガーアイ、シトリン、ルチルクォーツなど
  • 仕事運は、翡翠、水晶、ターコイズなど
  • 健康運は、アクアマリン、ガーネット、トルマリンなど
  • 恋愛運や結婚運は、ローズクォーツ、サファイア、アメシストなど
  • 人間関係は、アメシスト、エメラルド、ターコイズなど
  • 厄落としや災難除けは、水晶、アメシスト、翡翠、ターコイズなど
  • 家庭運は、アクアマリン、エメラルド、ガーネットなど

このように、パワーストーンには種類がたくさんあり、意味もそれぞれ違います。
自分の希望に合ったパワーストーンを選んで身に付けることが大切です。

また、ほかにも誕生石があり、それぞれを組み合わせることによって、より効果を高められます。

色や柄なども異なるので、ファッションの一部としても非常に人気があります。

パワーストーン鑑定士になるには?

 パワーストーン鑑定士になりたいけど、どうしていいのか分からない方は多いと思います。パワーストーン鑑定士には、下記のような知識が必要になります。

  • ・パワーストーンの知識
  • ・パワーストーンの取り扱い方
  • ・パワーストーンの歴史

では、どのようにしたら身に付けられるのでしょうか。
パワーストーン鑑定士になるための方法を見ていきます。

専門学校など通う

専門学校では、パワーストーンについて詳しく学べます。また、専門学校ではパワーストーンのほかに、商売の方法についても勉強ができる学校があります。

より専門的な知識が身に付けられますが、学校に通う必要があるので、時間がないという方には難しいです。

独学で勉強をする

書店には、パワーストーンに関する書籍や専門的書がたくさんあります。それを活用して、独学で勉強することは可能です。

しかし、学べることに限界があるため、パワーストーン鑑定士として本格的に仕事をしたい場合は、しっかりと学び、知識を身に付ける必要があります。

通信講座で勉強する

通信講座は、大学や専門学校に通うのと同様に、適切に基礎知識が身に付けられます。しかし、学校に通うのとの違いは、忙しくて時間がない方でも学べる点です。

子育てや仕事で学校に通えないという方は、自宅で学べる通信講座がおすすめです。

パワーストーン鑑定士はどんな仕事?活躍できる分野とは?

 パワーストーンの知識はさまざまな仕事で役立ちます。では、どのような分野で活躍しているのでしょうか。パワーストーン鑑定士は、主に下記のような仕事で活躍をしています。

  • ・パワーストーン鑑定士
  • ・天然石鑑定士
  • ・天然石アクセサリー販売
  • ・宝石店
  • ・アクセサリーデザイナー

では、それぞれの仕事内容や活躍分野を詳しく見ていきます。

パワーストーン鑑定士

パワーストーン鑑定士は、パワーストーンの種類や持っている意味を適切に理解して、魅力やメリットを伝えます。

パワーストーンについて多くの知識があるので、パワーストーンスペシャリストとして活躍ができます。

主に、パワーストーンの販売や輸入、魅力を発信することが仕事になります。お客様の相談を受けながらアドバイスをするので、コミュニケーション能力も必要です。

天然石鑑定士

天然石鑑定士は、お客様の悩みや相談の内容に合った石を選び、アドバイスをします。

天然石の種類や色、より効果的な使い方などを理解しています。

天然石鑑定士は、悩みを持っている方を前向きな気持ちにしてあげるのがお仕事です。主に、自宅やマンションなど、落ち着いた空間を用意してセラピストとして仕事をします。

また、天然石に興味や関心がある人を対象に、教室などで講師をすることも可能です。

天然石のアクセサリー販売

天然石のアクセサリー販売は、名前の通りアクセサリーの販売をします。アクセサリーに興味がある方には、とてもやりがいのある仕事です。

天然石についての知識はもちろんですが、天然石の魅力やアドバイスを伝えるトーク力も求められます。

ほかにも、商品の品揃えのチェックや品出し、店舗の掃除など、たくさんの業務をこなします。

宝石店

パワーストーンの知識は、宝石店で働くときにも役に立ちます。宝石店で取り扱っている商品は、高価で種類も豊富な場合がほとんどです。

お客様が納得して購入できるように、より専門的な知識が必要です。宝石店は高級店なので、ふさわしい言葉遣いや立ち振る舞いが求められます。

アクセサリーデザイナー

アクセサリーデザイナーは、ネックレスやブレスレットなどのアクセサリーをデザインします。それぞれのパワーストーンの素材や特徴を活かしながら、デザインを考えます。

アクセサリーデザイナーは主に、企業内デザイナーとフリーデザイナーの2つの働き方があります。企業デザイナーは、会社の企画に沿ってデザインを作成し、細かい修正をしながら設計図を完成させます。

フリーデザイナーは、企業やお店から依頼を受けてデザインを作成します。自由な発想でデザインを考えられるのがメリットですが、より多くの依頼を受けるには、高い完成度が求められます。

アクセサリーのデザインは好きというだけでは難しく、知識や経験を積むことが重要になります。

講師

カルチャーセンターなどで、パワーストーンの知識や効果について教えます。また、パワーストーンを使ったアクセサリー作りを教える講師もいます。

講師は、専業だけではなく、副業としても人気のある仕事です。

しかし、もちろん教える技術が必要ですが、場所や集客を自分でしなければなりません。たくさんの努力も必要になります。

パワーストーン鑑定士はどんな人が向いている?

 パワーストーン鑑定士は、パワーストーンに関する知識はもちろん必要です。しかし、それだけではさまざまな仕事で活躍することは難しいものがあります。

では、どのような人がパワーストーン鑑定士に向いているのでしょうか。

それでは、見ていきましょう。

人を元気にしてあげたい人

パワーストーンは、人を前向きな気持ちにしてくれます。

パワーストーンを通して、元気になってもらいたいと思ってアドバイスができる方は向いています。

コミュニケーションが好きな人

基本的には、お客様と接する仕事が多いです。お客様の希望に答えれるように、積極的なコミュニケーションは大事です。

的確なアドバイスをするためにも、コミュニケーション能力は大切です。

知識を活かしたい人

自分が身に付けた知識を誰かのために活かしたいという方は、向いていると言えます。お客様から相談を受けた場合、持っている知識を活かしてアドバイスをします。

自分の持っている知識がお客様の役に立つと、とてもやりがいを感じられます。

ものづくりやデザインが好きな人

パワーストーンを使ったアクセサリーを作ったり、デザインをする仕事もあります。さまざまなパワーストーンを組み合わせて、自分だけのアクセサリーやデザインを作成したいという方にも向いています。

人と関わるのが好きな人

パワーストーン鑑定士は、お客様と関わる仕事です。

販売やセラピストなど、お客様との関わりは不可欠になります。

教えるのが好きな人

パワーストーンの知識を誰かに教えたいという方も、講師としての仕事に適しています。

人に教えるのには、技術が必要になります。

教えるのが好きという方は、まず、講師として教える力を身に付けてみるのもいいかもしれません。

パワーストーン鑑定士の代表的な資格

 趣味でパワーストーンを楽しむ場合は、資格はなくても特に問題はありません。しかしパワーストーン鑑定士として仕事をしたい場合は、より専門的な知識とスキルを得るほうが望ましいです。

また資格を取得していたほうが、より周りからの信頼も得られるでしょう。

 

パワーストーン鑑定士の代表的な資格は主に下記の通りです。

  • ・パワーストーン鑑定士
  • ・天然石鑑定士
  • ・パワーストーンセラピスト
  • ・ストーンコンダクター
  • ・パワーストーン検定
  • ・天然石検定

では、詳しく紹介していきます。

パワーストーン鑑定士

日本占い師協会(JFTA)主催の資格です。

パワーストーンの歴史や種類、ジュエリーの関連性などの知識を身に付けていることを証明します。

天然石鑑定士

天然石鑑定士は、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催の資格です。

天然石の色や種類、取り扱い方など天然石の基礎知識身につけていることを証明します。

パワーストーンセラピスト

パワーストーンセラピストは、日本能力開発推進協会 (JADP)が主催の資格です。

パワーストーンの種類や効果、適切な選び方などを身につけていることを証明します。

ストーンコンダクター

ストーンコンダクターは、一般財団法人生涯学習開発財団が認定する資格です。

「日本パワーストーン認定講座」を修了した方に贈られます。

パワーストーンの組み合わせやアクセサリー作りについての知識が身に付けられます。

パワーストーン検定

パワーストーン検定は、一般社団法人パワーストーンカウンセラー協会が主催の資格です。

パワーストーンの基礎知識、ジュエリーや風水との関連など幅広い知識を持っていることを証明します。

天然石検定

天然石検定は、天然石検定協議会の主催する検定資格になります。

天然石についての理解を深められます。

「パワーストーン鑑定士」の資格がおすすめ

 上記で紹介したように、パワーストーンに関連する代表的な資格の種類はたくさんあります。取得するには、大学に通わなければいけなかったり、講座を受講しなければいけなかったり、高い費用がかかる場合もあります。

その中でもおすすなのは、天然石鑑定士の資格です。パワーストーン鑑定士は、日本占い師協会が主催の資格になります。

天然石の基礎知識や歴史、種類や意味など天然石鑑定士として仕事をするのに必要な知識も身に付けられます。

受験料は、10,000円がかかります。合格するには、70%以上の回答率が必要になります。

資格取得後は、風水セラピストとして、建築やインテリア関係の仕事や自分で教室を開くなど、幅広い分野で活躍ができます。

パワーストーン鑑定士資格

「パワーストーン鑑定士」の資格が取得できるおすすめの講座

資格を取得するには、専門学校などに通わなければいけない場合も多いです。また、子育てや仕事があり、忙しくて時間がないという方は学校に通うのは難しいです。

そうなると、資格を取得するのは無理なのでは、などと諦めてしまっている方もいると思います。

そんな方に、おすすめなのが通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールの通信講座です。

通信講座は下記のようなメリットがあります。

  • 仕事や家事とも両立ができる。
  • 費用を抑えられる。
  • 短期間で資格が取得できる。
  • サポートしてもらえる。
  • 自分のペースで取得を目指せる。

では、それぞれの通信講座の特徴を見ていきましょう。

パワーストーン鑑定士W資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

パワーストーン鑑定士の資格は、通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングの「パワーストーン鑑定士W資格取得講座」の活用がおすすめです。

また、パワーストーン鑑定士のほかにも、天然石鑑定士の資格も同時に取得が可能です。

通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングは下記のような特徴があります。

  • 2ヶ月という短い期間で資格の取得ができる。
  • パワーストーン鑑定士と天然石鑑定士の資格が同時に取得できる。
  • 課題を提出すれば必ず資格が取得できる。

パワーストーンの基礎知識や歴史、種類などが学べます。講座は、通常講座とスペシャル講座の2種類があります。

通常講座は、パワーストーン鑑定士と天然石鑑定士の試験を受け、合格によって資格が取得できます。

受講料は、59,800円かかります。
受講料を抑えたい方は、通常講座がおすすめです。

スペシャル講座は、課題を全て終え、コースを卒業すれば試験を受験しなくても、パワーストーン鑑定士と天然石鑑定士の資格が同時に取得できます。

受講料は79,800円かかります。確実に資格を取得したい方は、スペシャル講座がおすすめです。

それぞれ特徴が違うので、自分にあった方を選びましょう。

パワーストーン鑑定士W資格取得講座

パワーストーン資格取得講座 | SARAスクールの通信講座

風水セラピストの資格は、SARAスクールの通信講座「パワーストーン資格取得講座」の活用もおすすめです。

SARAスクールの通常講座もパワーストーン鑑定士のほかにも、天然石鑑定士の資格も取得が可能です。

さらにSARAスクールには下記のような特徴があります。

  • 1日30分で資格取得が目指せる。
  • 完全オリジナル教材で誰でも理解できる。
  • プラチナコースならパワーストーン鑑定と天然石鑑定士の資格を同時に取得できる。

パワーストーンの基礎知識や形、パワーストーンとの付き合い方などについて学べます。

講座は、基本コースとプラチナコースの2種類があります。

基本コースは、学習後に自身で受験を申し込んだあと、試験に合格すれば資格が取得できます。受講料は、59,800円かかります。

受講料を抑えたい方は、基本コースがおすすめです。

プラチナコースは、課題を提出するだけで、試験を受けなくてもパワーストーン鑑定士と天然石鑑定士の資格同時に取得できます。受講料は79,800円かかります。

確実に資格を取得したい方は、プラチナコースがおすすめです。

それぞれ特徴が違うので、自分にあったコースを選んでください。

パワーストーン資格取得講座

本格的にパワーストーンの知識を活かして仕事をしたい場合は、資格は取得しておきたいです。

忙しいという方でも、通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールの通信講座ならしっかりと取得できるカリキュラムがあります。

パワーストーンについて基礎から学べて、確実に身に付けられるので安心です。

是非、資格取得を目指してみてください。