タロットよりも真実に近づけると評判!?

タロットよりも真実に近づけると評判!?
ルーン占いは、古代の北欧で使用されていたルーン文字を使った占いで、「簡単なのによく当たる」と女性誌などでもよく取り上げられています。
ルーン占いの知識や技術は初心者でも身につけられますが、効率的に覚えるにはルーン占い資格の取得がおすすめです。

この記事では、ルーン占いを覚えられる資格・講座にあわせ、取得すると占い師の活動に役立つ資格もご紹介します。
占いに興味がある方はもちろん、占い師として本格的に活動したい方はぜひご覧ください。


目次

ルーン占い資格のルーン占い師はこちら

ルーン占い資格を知る前に!基本情報を解説

まずはルーン占いの内容や難易度を解説します。
資格全般にかかわる内容を、しっかり押さえておきましょう。

1-1ルーン占いとは

ルーン占いは、古代北欧で使われていた「ルーン文字」を使う占いです。
ルーンが刻まれた石または小さい木片を袋に入れ、かき混ぜたあとに、ピンときたものを取り出す形で占います。
占いの際は24文字のルーンと、何も刻まれていないものを含めた計25種類を使いますが、ルーン文字はそれぞれ意味があるのに加え、上下で指し示す意味が変わります。

占い結果を正確に読み取るには、ルーンが持つ意味と位置を正確に理解しなくてはなりません。
これに加え、占い方が複数あるため、やり方ごとに石の数や並べ方を覚える必要もあります。
一見簡単そうに見えるのに、どこまでも追及できる奥深さは、ルーン占いの特徴であり魅力といえるでしょう。

ルーン占い資格では、ルーン占いの歴史や注意点などの知識・複数の占い方などが学べます。
種類は民間資格のみで、占いの技術を覚えるための内容が多いです。
資格ごとに学べる内容に細かい違いがあるため、取得を検討する際は学習内容にご注意ください。

1-2ルーン占いの難易度と資格

ルーン占いは手軽にできる占いのひとつですが、より正確に占うには、ルーンに関する知識と、熟練した経験が必要です。

ルーンは一つひとつに意味が込められた文字であり、英数字とは違う意味・読み方・ルールが適用されます。
占いの際は、ルーンそのものの意味だけでなく、上下により変わる結果など、占いのルールも理解したうえで行わなくてはなりません。
そのうえで、占う内容や相手の悩みなどから、的確な結果を判断する力も求められます。
記憶力や集中力・相手の悩みなどを理解する力が求められることを考えると、ルーン占いは上級者向けの占いといえるでしょう。

習得するのが大変な占いではありますが、資格を活用すれば効率的に習得できます。
ルーン占い資格は資格試験があるものと、通信講座のカリキュラムを修了すると身につけられるものがあり、どちらも大体1〜3か月で取得できます。
資格の難易度としては、易しい方だといえるでしょう。

とはいえ、まったく勉強しなくても取得できるほど簡単ではありません。
取得を目指す際は、試験対策や学習内容の復習をしたうえで取り組みましょう。

ルーン占い資格のルーン占い師はこちら

ルーン占い資格を取得するとできること

ルーン占い資格を取得すると、ルーン占いを使った活動ができるようになります。
資格の具体的な活用方法をご紹介します。
試験対策のモチベーション維持や、資格を活かした活動に取り組む際にお役立てください。

2-1ルーン占いで自分の運勢がわかるようになる

ルーン占い資格を取得すると、自分の運勢を占えるようになります。
ルーン占いは恋愛運や金運など、さまざまな運勢を占えるため、習得できれば悩みや困難を抱えているときの指針として活用できます。

資格から学べる内容には、占い方法だけでなく、ルーンを活用したお守りの作り方など、悪い結果が出たときの対処法も。
占いで不安になっても、資格から得た知識で対応すれば、心穏やかな状態を保てます。

ルーン占い資格は、占いの技術を身につけるだけでなく、困ったときでも落ち着いて対処できる力を得たい方にも役立つ資格です。

2-2占い師として活躍できる

ルーン占い資格から占いの方法を学べば、占い師としての活動もできるようになります。
占い師はお店に在籍するイメージが強いですが、近年は電話やネットを使い、自宅にいながら活動している方も多いです。
このほか、イベントなどの特別なときだけ占いをしている方もいます。
占い師として経験を積み、多くの人の支持を集めれば、副業としてまとまった収入を得られる可能性も。

また、現在占い師として活動している方がルーン占い資格を取得すれば、複数の占いができるようになります。
お客様の希望や悩みに合わせた占いができるようになれば、リピーターや新規獲得のチャンスを得られるかもしれません。
占い師としての実力にバリエーションを持たせたい方や、集客に悩んでいる方にも、ルーン占い資格はおすすめです。

2-3占いを教える講師活動ができる

ルーン占い資格の中には、占い師としての実力だけでなく、講師として活躍できる力を証明するものがあります。
講師の実力も証明できる資格を取得すれば、占い師としてだけでなく、占い講師としても活躍できるでしょう。

占い講師は、カルチャースクールや自宅サロンで活動している方が多いです。
教室運営のほかでは、通信講座の講師として活動し、収入を得ているケースもあります。
教室・通信ともに、人にものを教えるのが得意な方に向いています。

占い師として活動している方の中には、普段の活動と並行して講師活動をしている方も。
ライフスタイルに合わせて柔軟な活動ができるのも、ルーン占い資格の特徴といえます。

ルーン占い資格のルーン占い師はこちら

ルーン占い資格・講座3選

工夫次第でさまざまな活動ができるルーン占い資格ですが、実際はどのような内容を学べるのでしょうか。
ルーン占いを学べる資格や通信講座をご紹介します。

3-1ルーン占い師

資格概要
認定協会日本占い師協会(JFTA)
受験資格特になし
受験料1万円
受験申請インターネットから申し込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価
受験日程毎年偶数月の20〜25日
(受験申込期間は受験月の前月)
資格試験概要ルーン占いとは/ルーン占いの歴史/ルーン占いの方法/ルーン占いの結果解釈/ルーン占いに必要な道具/ルーン占いの種類/ルーン文字とは/ルーン文字の起源/ルーン文字の歴史/ルーン文字の意味 など

ルーン占いの知識を有していることを証明できる資格です。
占いのやり方やルーンの読み方などの基礎知識だけでなく、ルーン占いの歴史・ルーンの起源である北欧神話などの知識も学べます。

ルーン占いに関する幅広い知識がほしい方や、基本の占い方を学びたい方におすすめです。
取得すれば、ルーン占いができるだけでなく、占い講師としても活躍できるため、講師活動を目指している方にも適しています。

資格試験は2か月に一度開催されており、普段忙しい方でもスケジュール調整が簡単です。
難易度も高くはないため、挑戦しやすい資格でもあります。

3-2ルーン文字リーダー

資格概要
認定協会日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)
受験資格特になし
受験料1万円
受験申請インターネットから申し込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価
受験日程毎年偶数月の20〜25日
(受験申込期間は受験月の前月)
資格試験概要ルーン文字の使われ方/ルーン文字の逆位置/運気を上昇させる方法/ルーン文字と魔術の関係/ルーン石碑について/ルーン占いで使う石について/ワンオラクルとは/バインドルーンとは/タリスマンとは/グラウンディングとは/ルーンチャクラヒーリングとは/ルーン占いをする際の注意点 など

「ルーン占い師」同様、ルーン占いの基礎ややり方を学べる資格ですが、「ルーン文字リーダー」は、ルーンの意味や読み取り方に特化した内容を学べます。
「ルーン占い師」とは学べる内容が違うため、両方取得すれば片方のみ取得したときよりも深くルーン占いを理解できるでしょう。

「ルーン文字リーダー」も、二か月に一度のタイミングで試験が開催されており、日程調整をすれば、ふたつの資格を一気に取得できます。
余裕がある方は、ぜひ同時受験に挑戦してください。

3-3未来スクール通信講座 ルーン占いコース

資格概要
認定協会占い教室 未来スクール 東京銀座校
受講資格協会が指定する通信講座を受講する
受講料・3万9,800円(税別)
※教材費込
※キャンペーンにより価格変動あり
※認定証書の発行料・送料が別途必要
受講申請認定協会
資格取得方法通信講座のカリキュラム修了後認定証書を請求する
合格基準通信講座のカリキュラムを修了する
受講日程通信講座のカリキュラムによる
資格試験概要象徴の読み取り方/占いの際のヒントや指針/ルーン占い入門/ルーン占いの応用テクニック など

ルーン占いの入門レベルから応用知識までを、プロの占い師に教えてもらえる通信講座です。
希望者は別途料金を支払えば認定資格証を発行してもらえます。

通信講座の講師はプロの占い師として活躍している方で、実践に役立つ知識を習得できます。
占い師として活躍する際に実践的な知識がほしい方に適しているといえるでしょう。

注意点として、「未来スクール通信講座 ルーン占いコース」は、質問が電話でしかできません。
そのうえ、質問1回につき30分まで、ひとつの講座で2回までと、時間と回数も決められています。
受講を検討する際は、質問や添削の制限も含めて考えましょう。

ルーン占い資格のルーン占い師はこちら

ルーン占い資格とあわせて取得したい資格3選

悩みや不安のある方を占うときは、占いだけでは不十分な場合があります。
問題を抱えている人を癒すには、相手の話を聞き、解決に向かうよう一緒に考えてあげなくてはなりません。
占い師はときに、カウンセラーのような役割も果たします。

具体的には、相手が話しやすい雰囲気づくり・解決に導くヒントの伝え方などのスキルが求められます。
人の不安や悩みに触れる分、自分のメンタルをケアする技術が必要になる可能性も。

占い師として活躍するには、カウンセラーやメンタルケアの力も身につけなくてはなりません。
必要とはいえ、占い資格のみでこれらの知識や技術を手に入れるのは、限界があります。
そこで、ルーン占い師資格の効果を高める資格として、カウンセラーやメンタルケアなどの力を習得できる資格をご紹介します。

4-1メンタル心理ヘルスカウンセラー

資格概要
認定協会日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)
受験資格特になし
受験料1万円
受験申請インターネットから申し込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価
受験日程毎年偶数月の20〜25日
(受験申込期間は受験月の前月)
資格試験概要メンタル心理ヘルスカウンセラーの基礎知識/心理的ストレスによる症状/心理的ストレスが招く特徴的症状/心理ストレスの主な原因/回復するための治療法/治療に関して知っておくこと/外部的治療法/内部的治療法 など

カウンセラーとしての基礎知識や技術を身につけられる資格です。
取得すれば悩みや不安を抱えてきたお客様を、占いとカウンセリングでサポートできるようになります。
複数のサポートが的確にできるようになれば、お客様からの支持も集めやすくなるでしょう。

試験方法が在宅受験のため、試験に対してプレッシャーを感じやすい方でも挑戦しやすい資格です。
占い師としての実力にカウンセラーとしての力を加えたい方は、ぜひ受験をご検討ください。

4-2瞑想インストラクター

資格概要
認定協会日本インストラクター技術協会(JIA)
受験資格特になし
受験料1万円
受験申請インターネットから申し込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価
受験日程毎年偶数月の20〜25日
(受験申込期間は受験月の前月)
資格試験概要一般的な瞑想との違い/睡眠への効果/ストレスとの関係/集中力・記憶力との関係/免疫力との関係/呼気と吸気の役割/ビジネスシーンでのマインドフルネス瞑想の有効性/ネガティブ思考回路の修正/マインドフルネス瞑想と創造性の関係/マインドフルネス瞑想の注意事項 など

集中力や記憶力の維持・メンタルケアに役立つマインドフルネス瞑想を身につけられる資格です。
取得すれば、ルーン占いに必要な集中力と記憶力を鍛えられるほか、ストレスケアのテクニックも身につけられます。
占いやお客様の対応でストレスが溜まっても、上手に処理できるようになるでしょう。

また、マインドフルネス瞑想を人に教える力も身につくため、自分だけでなく、占いに来たお客様にストレスケアのアドバイスもできるようになります。
占い師としての実力向上に役立つ知識がほしい方や、ストレスケアのサポートに興味がある方におすすめの資格です。

4-3伝え方コミュニケーション 初級

資格概要
認定協会一般社団法人 日本ライフコミュニケーション協会(JLCA)
受験資格協会が指定する動画講座を受講する
受験料・1万3,200円(税込)
※テキスト・WEB試験・合格証書代含む
受験申請インターネットより申し込み
受験方法WEB試験
合格基準80点以上
受験日程随時
資格試験概要話し方と伝え方の違い/コミュニケーションギャップ/性格統計学とは/同じ目的でも2通りの伝え方がある/希望型と慎重型について/5つの心理法則/うまくいく伝え方トレーニング/具体的活用例/心理法則を活用した伝え方テクニック/まとめ・5つのポイント

人の性格に合わせたコミュニケーション方法を学べる資格です。
取得すれば、占いの結果やそれに基づいたアドバイスを、お客様の性格に合わせて的確に伝えられるようになります。

受験条件に協会が指定する動画の受講が含まれており、受講・試験ともにネット環境が必要です。
受験を検討する際は、通信環境なども含めて考えるようにしましょう。
試験は動画受講後いつでも受けられるため、試験を受ける時間が作れない方でも受験しやすい資格といえます。

コミュニケーション能力に自信がない方や、試験会場に向かうタイプの資格だと挑戦しにくい方におすすめの資格です。

ルーン占い資格のルーン占い師はこちら

ルーン占い資格の勉強方法

ルーン占い資格は、主にふたつの勉強方法を使って試験対策を行います。
勉強方法の特徴や具体的なやり方などをご紹介しますので、受験時の参考としてお役立てください。

5-1通信講座で勉強する

ルーン占い資格は、通信講座を試験対策の軸にしながら勉強します。
通信講座は、試験対策や技術習得に必要な知識が体系的にまとめられているのが特徴です。
テキストを読み、問題を解いていくだけで、資格に必要な力を効率的に習得できます。
添削問題や質問で、覚え間違いやわからないところをすぐに修正できるのも、通信講座が持つメリットです。

とても便利な通信講座ですが、講座ごとに勉強の進め方や添削・質問のルールが違います。
利用の際は、申し込む前に講座のルールを必ず確認しておきましょう。

5-2ルーン占いを実践する

通信講座のテキストをもとに、ルーン占いに挑戦するのもよい勉強方法です。
自分の運勢を占うだけでなく、親しい人にお願いして占わせてもらうのもよいでしょう。

テキストを読むだけではわかりにくいところも、占いに挑戦すれば、体を動かしながら内容を確認できます。
頭と体を使って覚える分、テキストを読んでいるだけのときよりも、内容をしっかり覚えられます。

占い師や講師は、テキストの内容だけでなく、実践的な知識や経験も必要です。
占いを使った活動を目標に資格取得を目指している方は、通信講座と並行してルーン占いにも挑戦しましょう。

まとめ

ルーン占い資格は、ルーン文字を利用した占いやお守りを作れるようになる資格です。
取得すれば、占い師や占い講師など、ルーン占いを活かした活動ができるようになります。

ルーン占い資格は、資格ごとに取得方法や学べる内容が違いますが、それぞれ数か月で取得できるレベルです。
毎日しっかり勉強すれば、スムーズに取得できるでしょう。
占い師として実践的な知識や技術がほしい方は、ルーン占い資格とあわせてカウンセリング資格などの取得もおすすめします。

ルーン占い資格の知識や技術を普段の生活に活かせば、心穏やかな毎日を送れるようになります。
興味を持たれた方は、ぜひ資格試験や通信講座への挑戦をご検討ください。

他の資格認定試験を探す