風水師になるための方法は?必要な資格や仕事内容を解説

テレビや雑誌などで取り上げられることも多く、非常に人気のある風水。風水は日常生活の中で、役に立つことばかりです。

そんな風水を家や部屋に取り入れ、いい流れを与えられるようにアドバイスするのが風水師です。

では、風水師になるにはどのようにしたら良いのでしょうか。

風水師になるための方法や必要な資格、どんな仕事をしているのかを紹介していきたいと思います。

風水師とは

風水師とは、風水に関する知識も持ち、陰陽、五行、八卦の考え方から空間の気の巡りを整えます。

そして、その空間に理想とされるバランスを保つ能力を身に付けています。

風水は、約4000年前の中国から思想が伝わったと言われており、エネルギーの流れをコントロールし、運気を高めます。

風水は、日本でも古くから取り入れられています。風水は基本的に、陰陽と五行のバランスです。

陰陽とは、世の中のものを明と暗など陰と陽に分けた考え方のことです。

また、五行は世の中にある全てのものを木、火、土、金、水の5つの要素に分けたものです。

陰と陽のエネルギーがバランスを保ち、五行のいずれかの性質を持っているという考え方があります。

特に家を建てる時に、位置、方角、間取りを風水を活用して決めることが多いです。

玄関を綺麗にしておくと良い気が入ってくる、キッチン周りに金目のものは置かないなど、風水の考え方は現代でも活用されています。

このように、建築と風水は深い関わりがあります。そのため、建築関係の企業は、風水の資格を持っている人の需要が高くなってきています。

ほかにも風水の知識は、生活のさまざまな場面で役に立つことがたくさんあります。

  • インテリアを選ぶときに運気を上げる配置やカラーを選べる。
  • 行き先を吉方位に基づいて決められ、運気上昇の旅行ができる。
  • 土地などの大きい買い物にいい日付を決めたり、開運が期待できる間取りを決められる。
  • 恋愛運を上げるスポットやアイテム、カラーなどが分かる。

日常生活の中でも、家具や持ち物に開運アイテムを選ぶ方は多いと思います。

近年では風水をテレビ番組などで見かけることも増えて、非常に人気があります。

風水師になるための方法とは?

 風水を学ぶとさまざまなメリットがあります。

  • ・快適な生活環境が整えられる。
  • ・周りの人にいい影響を与える。
  • ・仕事を趣味に活かせる。

しかし、風水師になりたいけど、どうしたら良いのか分からない方もいると思います。

風水師は主に下記のような知識が必要になります。

  • ・風水の基礎知識
  • ・風水の実践方法

では、どのようにしたら身に付けられるのでしょうか。風水師になるための方法を見ていきます。

弟子入りをする

風水師として、すでに活躍をしている先生に弟子入りをする方法もあります。

弟子入りをすると、直接働き方の指導が受けられます。また、分からないことがあっても、すぐに質問出来るのもメリットです。

しかし、弟子入りをすると、勉強には長い時間をかける必要があります。

他の仕事をしながらや今までの生活のままでは難しい場合があります。

もちろん、弟子をとっていない方もいます。また、先生が見つからない可能性もあります。

本気で風水を仕事にしようという強い気持ちがある方は、弟子をとっている方を探してみるのもいいかもしれません。

専門学校など通う

風水について詳しく学べる専門学校もあります。また、専門学校では風水のほかに、セラピーについても習得できるようになっています。

弟子入りをする方法よりもとても手軽です。

より専門的な知識が身に付けられますが、学校に通う必要があるので、時間がないという方には難しいです。さらにどうしても学費がかかってしまいます。

独学で勉強をする

書店では、風水に関する書籍や専門的書がたくさんあります。それを活用して、独学で学ぶ事自体は可能です。

しかし、学べることに限界があり、分からないところがあっても自分で解決をしなければなりません。

風水師として仕事をしたい場合は、しっかりと学び、知識を深く身に付ける必要があります。

通信講座で勉強する

通信講座は、大学や専門学校に通うのと同じで、基礎知識から着実に身に付けられます。

しかし、学校に通うのとの違いは、忙しくて時間がなかなか作れないような方でも、時間を見つけての学習が可能なところです。

子育てや仕事で学校に通えないという方や学費をできるだけ抑えたいという方は、自宅で学べる通信講座がおすすめです。

風水師はどんな仕事?活躍できる分野とは?

 風水の知識はさまざまな仕事で役立ちます。
では、どのような分野で活躍しているのでしょうか。

風水師は、主に下記のような仕事で活躍をしています。

  • ・風水師
  • ・住宅鑑定風水インストラクター
  • ・インテリア関係
  • ・店舗内装アドバイザー

では、それぞれの仕事内容や活躍分野を詳しく見ていきます。

風水師

風水師は、風水の視点で部屋の間取りなどを把握して、流れのいい空間を作れるようにアドバイスをします。

土地についても良いか悪いかを判断するころもあります。

お客様の好みもあるので、意見を聞きながら運気のバランスを考えることも大事です。

主に風水師は、デザイン関係の建築の仕事やインテリア関係の仕事で活躍しています。

また、自宅で風水教室を開くことも可能です。風水師は、風水の知識や歴史だけでなく、陰陽説や八掛・五行などの知識も身に付けなければなりません。

住宅鑑定風水インストラクター

住宅鑑定風水インストラクターは、運気を上げる方位や部屋のレイアウトなどを鑑定します。

運気を上げるもの、運気を下げるものの知識を持っており、住宅関係や風水関係の仕事で重宝されます。

住宅鑑定風水インストラクターは、自宅でセミナーを開いたり、カルチャースクールの講師として活躍しています。

住宅鑑定風水インストラクターは、八掛や五行の知識が必要なので、確実に身に付けるようにしましょう。

インテリア関係の仕事

インテリア関係の仕事は主に下記のような仕事があります。

  • インテリアコーディネーター
  • インテリアデザイナー
  • 家具デザイナー

インテリアコーディネーターは、お客様の好みを聞き、家具、照明、カーテンなどの組み合わせを提案します。

配色から素材まで、センスや提案する力も必要です。

インテリアデザイナーは、建築事務所やデザイン事務所などに所属して、その空間にあったインテリアを考えます。

風水の知識を習得していることによって、運気を上げられる配色や家具などの提案が可能になります。

現在では、インテリアデザインをコンピューターで描くことが多くなっています。

そのため、CADの知識やデジタルパースの知識も求められます。

店舗内装アドバイザー

店舗内装アドバイザーは、飲食店や商業施設などの内装のデザインを悩んでいる方に、専門的なアドバイスをします。

また、デザインだけでなく、金額面もお客様の納得のいくように進めなければいけません。

設計図のチェックをしてアドバイスを行うことも店舗内装アドバイザーの仕事です。

このように、店舗内装アドバイザー仕事は、店舗内にある設備や設計図のチェックがほとんどです。

どんな人が風水師に向いている?

 風水師は、風水の知識はもちろん必要です。しかし、知識が豊富なだけではさまざまな仕事で活躍することは難しいです。

では、どのような人が風水師に向いているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

知識をたくさん身に付けたい人

風水の知識はもちろん、地理やインテリアなどたくさんの知識が必要になります。

もっと幅広い知識を身に付けたい、もっと風水師として成長したいと、常に勉強する姿勢はとても大切です。

人の望みや悩みを読み取れる人

その人がどんな悩みを抱えているのかを読み取るのも大事です。

あまり人に言えないようなこともきちんと察してアドバイスができなければなりません。

思いやりがある人

困っている人の役に立ちたい、助けてあげたいという気持ちはとても大切です。

常にお客様の心に寄り添ってあげられることが重要になります。

風水師の代表的な資格

 趣味で風水を楽しむ場合は、資格はなくても問題がありません。

しかし風水師として仕事をしたい場合は、より専門的な知識とスキルを持っていたほうが望ましいのです。

また資格を取得していたほうが、より周りからの信頼も得られます。

風水師の代表的な資格は主に下記の通りです。

  • ・風水師
  • ・風水鑑定士
  • ・風水アドバイザー
  • ・風水建築士
  • ・風水建築コーディネーター
  • ・国際風水氣学本鑑定士

では、風水師の代表的な資格を紹介していきます。

風水セラピスト

風水セラピストは、日本占い師協会(JFTA)主催の資格です。

風水の基礎知識や陰陽、五行、八卦の考え方から気の流れや気を理想的なバランスに保つ能力を持っていることを証明します。

風水鑑定士

風水鑑定士は、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)主催の資格です。

風水の基礎知識や風水視点から住宅を鑑定できることを証明します。

風水アドバイザー

風水アドバイザーは、日本能力開発推進協会 (JADP)主催の資格です。

心のケアも可能で、風水面からの改善の提案やアドバイスを行えることを証明します。

風水建築士

風水建築士は日本風水建築協会が認定する資格です。

風水の視点から、設計図の作成などができることを証明します。

国際風水氣学本鑑定士

国際風水氣学本鑑定士は、、国際風水氣学協会が認定する風水の資格です。

風水を通して、自分の知識を成長させ、それを活かして人生の道を選択できるように学びます。

住宅鑑定風水インストラクター

住宅鑑定風水インストラクターは、日本インストラクター技術協会が主催する資格です。

風水の視点で、住宅を鑑定ができることを証明します。

おすすめ資格は「風水セラピスト」

 上記で紹介したように、風水に関連する代表的な資格の種類はたくさんあります。

取得するには、大学に通わなければいけなかったり、講座を受講しなければいけなかったり、高い費用がかかる場合もあります。

その中でもおすすなのは、風水セラピストの資格です。

風水セラピストは、日本占い師協会(JFTA)が主催の資格になります。

風水の基礎知識や歴史、風水師として仕事をするのに必要な知識も身に付けられます。

受験料は、10,000円がかかります。合格するには、70%以上の回答率が必要になります。

資格取得後は、風水師として、建築やインテリア関係の仕事や自分で教室を開くなど、幅広い分野で活躍ができます。

風水セラピスト資格

「風水セラピスト」の資格が取得できるおすすめの講座

資格を取得するには、専門学校などに通わなければいけない場合も多いです。

また、子育てや仕事があり、忙しくて時間がないという方は学校に通うのは難しいです。

そうなると、資格を取得するのは無理なのでは、などと諦めてしまっている方もいると思います。

そんな方に、おすすめなのが通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールの通信講座です。

通信講座は下記のようなメリットがあります。

  • 仕事や家事とも両立ができる。
  • 費用を抑えられる。
  • 短期間で資格が取得できる。
  • サポートしてもらえる。
  • 自分のペースで取得を目指せる。

では、それぞれの通信講座の特徴を見ていきましょう。

風水セラピストW資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

風水セラピストの資格は、通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングの「風水セラピストW資格取得講座」を利用すると、効率的に取得できます。

風水セラピストのほかにも、風水鑑定士の資格も同時に取得が可能です。

通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングは下記のような特徴があります。

  • 2ヶ月という短い期間で資格の取得ができる。
  • 風水セラピストと風水鑑定士の資格が同時に取得できる。
  • 課題を提出すれば必ず資格が取得できる。

風水についての基礎知識、建物や部屋に関する風水、インテリアに関する風水などについて学べます。
講座は、通常講座とスペシャル講座の2種類があります。

通常講座は、風水セラピストと風水鑑定士の試験を受け、合格することで資格が取得できます。

受講料は、59,800円かかります。受講料を抑えたい方は、通常講座がおすすめです。

スペシャル講座は、課題と卒業課題を全て終え、コースの卒業課題が認められることで、試験を受験しなくても、風水セラピスと風水鑑定士の資格が同時に取得できます。

受講料は、79,800円にかかります。より確実に資格を取得したい方は、スペシャル講座がおすすめです。

それぞれ特徴が違うので、自分にあった方を選びましょう。

風水セラピストW資格取得講座

風水師資格取得講座 | SARAスクールの通信講座

風水セラピストの資格は、SARAスクールの通信講座「風水師資格取得講座」でも、スムーズな取得を可能にします。

SARAスクールの通常講座も風水セラピストのほかにも、風水鑑定士の資格も取得が可能です。

さらにSARAスクールには下記のような特徴があります。

  • 1日30分で資格取得が目指せる。
  • 完全オリジナル教材で誰でも理解できる。
  • プラチナコースなら風水セラピストと風水鑑定士の資格を同時に取得できる。

風水についての基礎知識や生活していく上でのポイント、インテリアの選び方や配置などを学べます。
講座は、基本コースとプラチナコースの2種類があります。

基本コースは、学習後に自身で受験を申し込みをします。その後、試験の合格によって資格の取得となります。

受講料は、59,800円になります。受講料を抑えたい方は、基本コースがおすすめです。

プラチナコースは、課題と卒業課題を提出した後、試験を受けなくても風水セラピストと風水鑑定士の資格同時に取得できます。

受講料は、79,800円になります。確実に資格を取得したい方は、プラチナコースがおすすめです。

それぞれ特徴が違うので、自分にあったコースを選んでください。

風水師資格取得講座

風水は独学でも基本的な知識は身に付けられます。しかし、本格的に風水師として仕事をしたい場合は、より専門的な知識が必要であり、風水セラピストの資格は取得しておきたい資格です。

忙しいという方でも、通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールの通信講座ならしっかりと取得できるカリキュラムがあります。

風水について基礎から学べて、確実に身に付けられるので安心です。

是非、風水セラピストの資格取得を目指してみてください。